介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

市民福祉情報No.1103☆2021.04.05
市民福祉情報No.1103☆2021.04.05 http://haskap.net ━━━━━━━━☆☆市民福祉情報オフィス・ハスカップはハスカップ・レポート2000-2021『介護保険の20年』を発行しました。みなさんのご注文をお待ちしています!詳細:http://haskap.net/2021/02/202102092000-202120.html【介護保険料】 .................
市民福祉情報No.1102☆2021.03.29
市民福祉情報No.1102☆2021.03.29 http://haskap.net ━━━━━━━━☆☆市民福祉情報オフィス・ハスカップはハスカップ・レポート2000-2021『介護保険の20年』を発行しました。みなさんのご注文をお待ちしています!【介護保険料】 ..............................☆第1号介護保険料...............................
BF インデックス
BF145 『くそじじいとくそばばあの日本史』(大塚ひかり著/ポプラ新書/860円+税)BF144 『江戸時代の老いと看取り』(柳谷慶子著/山川出版社/800円+税)BF143 『コンビニ外国人』(芹澤健介著/新潮新書/760円+税)BF142 『ルポ 中年童貞』(中村淳彦著/幻冬舎新書/800円+税)BF141 『生かさず、殺さず』(久坂部羊著/朝日新聞出版/1700円+税)BF140 『ルポ ...
BF145 『くそじじいとくそばばあの日本史』
BF145 『くそじじいとくそばばあの日本史』著者は古典エッセイスト。高齢者は社会的弱者だが、「くそじじいとくそばばあ」にはパワーがある。長谷川マチ子の『いじわるばあさん』を例にすれば、老人を邪魔者扱いする社会、家族、心優しい人にも容赦なく嫌がらせをするダークヒーローの魅力があるという。「1800年くらいの超大昔にも100歳なんてご長寿がいたのです」。天照大神の孫で、神武天皇の祖父にあたる彦火火出...
BF144 『江戸時代の老いと看取り』
BF144 『江戸時代の老いと看取り』平均寿命は現代より短かったが、20歳まで生き延びれば「60歳以上の余命をもてるようになった」のが江戸時代。高齢化率が15%を超える村や町も「全国に広く出現していた」し、農民も武士も老いても働いていた。特に武士階級は70歳が隠居する基準で、「幕府高齢役人」リストによる最高齢は94歳だ。弘前藩や仙台藩では、勤続60年以上という記録がある。奥女中も定年がなく、古稀(...
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10