介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

ハスカップファイル > 2005年  

連続セミナーや国会集会など、市民福祉情報オフィス・ハスカップのイベントや企画を案内しています。2003年から年ごとにわけてあります。

ワークショップNo.07
ワークショップNo.07「ホームヘルパーのゆくえ 研修・資格化を考える」を女性と仕事の未来館で開催しました。
厚生労働省「介護保険制度改革の全体像」では、「4.サービスの質の向上」の「(4)人材育成」に、介護職員については、将来的には「介護福祉士」を基本とする、ホームヘルパー等の資質の向上のため、研修の充実等を図るとありますが、改正案にはホームヘルパー(訪問介護員)については言及がありません。厚生労働省が社会福祉法人全国社会福祉協議会に委託した「介護サービス従事者の研修体系のあり方に関する研究会」の中間まとめについて学び、研修の充実と労働条件の改善が一体となった政策が必要であることを話しあいました。ゲストは、堀越栄子さん(日本女子大学教授)と栗木黛子さん(特定非営利活動法人市民福祉サポートセンター)です。