介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

介護保険ファイル > 通って利用するサービス  

介護保険制度について、13ジャンルに分けて、キーワードごとに制度やしくみについて説明しています。知りたい情報は、キーワードでサイト内情報検索でも探すことができます。

デイサービス(介護予防通所介護/通所介護)

 特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)やデイサービスセンターなどに通い、食事や入浴、レクリエーションなどのサービスを利用します。
 利用しているのは約165万人(2007年度)で、ホームヘルプ・サービスの次に需要の高い在宅サービスです。
 車いすに対応したリフトバスなどの送迎もつき、外出するのがむずかしくなってきた人のリフレッシュや介護する家族の息抜き(レスパイト・ケア)にも利用されているサービスです。
 2006年度からの介護報酬改定では、要支援認定(要支援1・2)を対象とする介護予防デイサービスが月単位の定額制となり、「必要な人は何回でもサービスが利用できる」とされましたが、実際には事業者の採算が取れる範囲でのサービス提供しかなく、利用を減らされる人が増えています。
 また、介護予防デイサービスでは、これまでのサービス(共通的サービス)に加えて、選択的サービスとして介護予防メニューかアクティビティ(集団活動メニュー)を選ぶことになりました。
 介護予防メニューは、筋力トレーニング(運動器による機能向上サービス)、栄養指導(栄養改善サービス)、口腔ケア(口腔機能向上サービス)があり、利用する人が複数の組みあわせをふくめて選ぶことになります。
 介護予防メニューを選ばないときには、共通的サービスとアクティビティを利用します。
 2005年10月から実施された「改正の前倒し実施」により、デイサービスの食費は自己負担になりました。