介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

介護保険ファイル > 通って利用するサービス  

介護保険制度について、13ジャンルに分けて、キーワードごとに制度やしくみについて説明しています。知りたい情報は、キーワードでサイト内情報検索でも探すことができます。

デイケア(介護予防通所リハビリテーション/通所リハビリテーション)

 病院や診療所、老人保健施設などのリハビリテーション施設に通い、心身機能の維持・回復、日常生活の自立をたすけるため、専門家による訓練を受けます。
 「通所リハ」や「日帰りリハビリテーション」と呼ばれることもあります。
 スタッフは医師のほか、理学療法士、作業療法士、看護師がいます。
 サービスは、リハビリテーションのほか、食事、入浴、送迎サービスなどがあります。
 認知症の場合には、治療とともに社会的な活動の場としてのサービスが提供されることもあります。
 約69万人(2007年度)が利用しています。
 2006年度からの介護報酬改定により、月単位の定額制となり、週あたりの利用回数が制限される人も出ています。
 2005年10月から実施された「改正の前倒し実施」により、デイケアの食費は自己負担になりました。