介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

介護保険ファイル > 地域密着型サービス  

介護保険制度について、13ジャンルに分けて、キーワードごとに制度やしくみについて説明しています。知りたい情報は、キーワードでサイト内情報検索でも探すことができます。

小規模多機能型居宅介護(介護予防小規模多機能型居宅介護/小規模多機能型居宅介護)

 「通い」(デイサービス)を中心に、利用する人の希望や必要にあわせて自宅への「訪問」(ホームヘルプ・サービス)や「泊まり」(ショートステイ)を組みあわせて、できるかぎり自宅での暮らしが続けられるように、24時間、顔なじみのスタッフによるこまやかなサービスを提供することが目標とされるサービスです。
 ひとつの事業者で定員25人以下の登録制で、1日に利用できる「通い」の定員は15人以下、「泊まり」は9人以下と決められています。事業者が用意するスペースには、居間および食堂、原則個室の宿泊室が用意されます。
 利用しているのは約3万人(2007年度)です。
 〔情報源〕全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会