介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

介護保険ファイル > 介護保険にかかる費用  

介護保険制度について、13ジャンルに分けて、キーワードごとに制度やしくみについて説明しています。知りたい情報は、キーワードでサイト内情報検索でも探すことができます。

介護保険料

 介護保険サービスなどにかかる費用をまかなうために、40歳以上のすべての人(被保険者)が負担しています。
 第1号被保険者(65歳以上)が払うのは第1号保険料で、市区町村(保険者)は介護保険事業計画にもとづいて3年ごとに変わります。
 第2号保険料(40〜64歳)は、加入している医療保険ごとに、ボーナスも含めて標準報酬月額に介護保険料率をかけて計算され、毎年度変わります。
 なお、2009年度からの介護報酬は3.0%引き上げが決まりましたが、政府・与党の「介護従事者の処遇改善のための緊急特別対策」により、介護保険料の上昇分は税金で補てん(所要額1200億円程度、2009年度は全額、2010年度は半額)することになり、第4期(2008〜2010年度)の第1号保険料は毎年度変わることもありえます。