介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

介護保険ファイル > 介護保険にかかる費用  

介護保険制度について、13ジャンルに分けて、キーワードごとに制度やしくみについて説明しています。知りたい情報は、キーワードでサイト内情報検索でも探すことができます。

介護報酬

 サービスを利用したときに、事業者に支払われる費用です。
 1割は利用者が負担し、残りの9割は介護保険料と公費(国・都道府県・市区町村)で分担しています。
 介護報酬の増減に連動して、介護保険料や公費負担も増減します。
 介護報酬は、社会保障審議会介護給付費分科会でサービスごとに金額が検討され、厚生労働省令で3年ごとに見直しが行われています。
 介護報酬は、第2期(2003〜2005年度)はマイナス2.3%、第3期(2006〜2008
年度)はマイナス2.4%と引き下げが続き、介護の現場で働く人の離職傾向に歯止めがかからないなどの問題を引き起こしています。
 第4期(2009〜2011年度)は、政府・与党の「介護従事者の処遇改善のための緊急特別対策」により、プラス3.0%とはじめての引き上げが行われました。