介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

介護保険ホットライン2009報告書『制度がおかしい!』(1000円)
首都圏の市民活動4団体で構成する介護保険ホットライン企画委員会が開設した4回目の電話相談「介護保険ホットライン2009」の報告書です。
賛同人100人、相談スタッフ48人のご協力を得て、全国から130件の相談を受けつけました。介護保険ホットラインに相談を寄せてくださるのは、介護保険サービスを利用している高齢当事者のみなさんを中心に、家族などの介護者、介護現場で働いている人たちです。今回は相談者の年代がさらに上昇しています。制度についてよく理解できないことによる勘違いや、関係者の説明が不充分なケースがあります。また、改正介護保険法、介護報酬改定と介護認定の見直し、そして、介護給付適正化事業により、利用制限を受けて困っている事例も寄せられています。
2011年度には2回目の大きな法律改正が予定されています。また、2012年度は介護報酬と介護認定の見直しも予定されています。「介護保険ホットライン2009報告書」にまとめた利用者、介護者のみなさんの課題をさらに多くのみなさんと共有するとともに、どのような制度改定を望むのか、問題提起も含めて考えていきたいと願っています。

2009報告書申込