介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

介護職員の賃金引き上げは急務(2010.01.25)

第174回国会

衆議院厚生労働委員会会議録第1号(2010.01.25)
 山井和則大臣政務官:
  介護職員の賃金引き上げは急務だと思っております。
  御存じのように、介護職員の処遇改善の交付金は旧政権下で2年半に限ってつくられました。
  残された1年半のうちにさらに引き上げまして、4万円に達するように、
  マニフェストで約束したことですから、やっていきたいというふうに考えております。(中略)
  処遇改善交付金に関しましては、介護職員以外の方に広げますと、1.5倍に人がふえますので、
  今の交付金4000億円を介護職員以外の人に広げますと6000億円になってしまいます。
  現場では介護職員のみならずケアマネの方や事務職員、給食の担当の方々、
  みんなチームでケアをしているわけで、非常に心苦しいわけでありますけれども、
  ここは財源に限りがあるために、最も今人手不足が深刻な介護職員の方の賃金引き上げを
  まず優先するというふうに考えております。

 

[関連記事]

潜在介護士6割が職場復帰を希望 都介護福祉士会が調査(2010.02.19共同通信)

介護や観光、働く技能にお墨付き 11年度にも検定制度(2010.02.17日経新聞)

国試で読み仮名「考えていない」 EPA看護師候補者などで(2010.02.17キャリアブレイン)

□[介護を支える(中)] 国際化、高いハードル/鳥取県(2010.02.18朝日新聞)

□[介護人材]増す外国人 定着に壁/山口県(2010.02.18朝日新聞)

介護士候補ら受け入れ6割減 10年度インドネシアから(2010.02.17共同通信)

介護系への進学急増 高い就職率人気/熊本県(2010.02.12読売新聞)