介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

「介護予防」の研究助成金(2009年度)

厚生労働省
2009(平成21)年度厚生労働科学研究費補助金各研究事業の概要
 

 長寿科学総合研究事業(抜粋)
  1.介護予防サービスの効果評価に関する研究(1,500万円)
  2.介護予防における口腔機能向上・維持管理の推進に関する研究(2,000万円)
  5.運動器の不安定性に関与する姿勢と中枢制御機能に着目した転倒予防ガイドライン策定研究(2,920万円)
  11.認知症・関節症・骨折の疫学エビデンスの解明と要介護高齢者の一次・二次予防のための効率的評価システムの開発(300万円)
  17.膝痛・腰痛・骨折に関する高齢者介護予防のための地域代表性を有する大規模住民コホート追跡研究(7,980万円)
  26.高齢者の生活機能低下に対する作業療法の効果に関する研究(186万円)
  34.在宅および施設における要介護・要支援高齢者に必要な介護サービス量を推定するモデルの開発に関する研究(747万円)
  36.複数の訪問看護ステーションによる地域単位の24時間訪問介護・看護の効果的・効率的な実施方法の開発研究(804万円)
  37.社会経済的格差と高齢者の健康、生活習慣、医療介護資源利用に関する検討(842万円)
  38.介護保険施設におけるマネジメント理論の展開に関する実証的研究(358万円)
  39.入院医療と在宅ケアのあり方に関する調査研究(380万円)
  41.介護情報を活用した脳卒中治療連携体制が運動機能障害予防に及ぼす影響に関する大規模研究(1,300万円)
  42.開眼片足起立時間による高齢者元気度区分と転倒・骨折調査、並びに片脚起立15秒以下の群に対する開眼片脚起立運動訓練による骨折予防への無作為化介入調査に関する研究(1,307万円)