介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

社会保障審議会介護給付費分科会は「どういうスタンス」?(2010.03.25)

厚生労働省老健局
第65回社会保障審議会介護給付費分科会(2010.03.25)議事録

 大森彌・分科会長(東京大学名誉教授):
  前政権のときに、私どもは給付費分科会の辞令をいただいていまして。
  政権が交代したからどうということはないんですけれども、
  しかし、私が一番心配になるのは、
  この前の改定のときにこの給付費分科会で、
  審議報告というのを打ち出していまして、
  このときに相当の課題を先送りいたしました。
   (中略)
  2012年改定は、同時改定ということもございまして、
  自らにいろいろ大きな宿題を課しているわけです。
  あの宿題はあのまんまで今後もやっていいのか、
  変更するのか、それとも新しいことを付け加えるのかということは、
  少なくとも現在の政権は、政治主導とおっしゃっていますので、
  今までだって政治がいろいろ御判断されまして、
  3.0%だって、あんまり根拠のない御決定を政治がされたわけですしね。
  今そんな不満を言っても仕方ないんですけれども、
  特段に政治主導とおっしゃっていながら、
  私どもの給付費分科会はどういうスタンスで、
  今までどおりこういう形態でやっていいのか、
  それとも何か新しい政権のお考え方があるのかを
  ちょっと聞いておかないと。(中略)
  ちょっと異例な発言なんですが、
  局長、審議官から、政務三役さんにお伝えしていただきまして、
  次回以降、何らかの形で御対応いただきたいというふうに
  私からお願いしてよろしゅうございましょうか。
 宮島俊彦老健局長:
  承りました。

 

□[解説]介護保険改革の課題 老後の安心に財源確保必要(2010.05.15読売新聞)

介護保険見直し 国に提言で一致/埼玉県(2010.05.14読売新聞)

神奈川県ケアマネジャー1,300名の声/神奈川県(2010.05.12ケアマネジメントオンライン)

県世論調査 高齢者施策の要望 医療と在宅介護 6割/千葉県(2010.05.11東京新聞)

 

[介護の現在]
「特養」に希望者が殺到 「小規模多機能型」に期待/静岡県〈2010.05.08読売新聞)

追い詰められる「在宅」 「周囲に頼ることがコツ」/静岡県(2010.05.07読売新聞)

 

□[社説]長命社会 都市の高齢化を希望に(2010.05.07毎日新聞)

ワイズマン(3752)はプラス圏へと切り返す 介護報酬改定に伴う特需発生で前期利益予想を上方修正(2010.05.07NSJショートライブ)