介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

特養個室面積基準緩和についての大臣記者会見(2010.04.16)

厚生労働省広報室
長妻大臣閣議後記者会見概要(2010.04.16)

長妻大臣:

 特養のユニット型、いわゆる個室型なのですが、
 それを我々としては2014(平成26)年度で全入所者の70%をユニット型、
 つまり個室にしようと、そういう目標を掲げております。(中略)
 このユニット型を基本としたいわけですが、
 広さを相部屋一人当たりのスペースとほぼ同じスペースにさせていただこうということで、
 自己負担も下がるし建設も定員を確保しやすくなるのではないかと、
 そういう考えのもと、6月を目途にそういう対応をしようということで
 審議会にお願いをしたということであります。
 (中略)
 出来る限りユニット型個室ということを選択する中での我々の判断であるということです。

 

[関連記事]
□[解説]特養の個室面積基準を緩和
 待機者解消へ一歩 個室化推進、苦肉の策(2010.04.21読売新聞)
特養の個室ユニット面積基準を緩和
  多床室並みで利用料5千円減(2010.04.22シルバー新報)

介護施設 利用者の悩みは
 「市民相談員なは」が分析
 最多は「職員の対応」「施設環境」 衛生面に不満/沖縄県(2010.04.21沖縄タイムス)

介護職員のたん吸引など実施へ法案提出
 来年の通常国会に(2010.04.21キャリアブレイン)