介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

部屋は狭くなるけど、個室ユニット化は継続(2010.04.16公表)

厚生労働省老健局高齢者支援課
『介護保険最新情報』vol.147
特別養護老人ホーム等介護施設の個室ユニット化推進のための大臣方針の発表について」(2010.04.16公表)
 ①ユニット型施設の1人当たり居室面積基準引き下げ
   現行13.2㎡ → 新基準10.65㎡(多床室と同水準)
 ②個室ユニット化の方針を堅持
   平成26年度に個室ユニット型施設割合を70%以上(介護保険施設全体で50%以上)
   とすることを目指し、ユニット型施設の整備を推進
 ③今後の流れ
   ・ユニット型施設の居室面積基準の引き下げについて、
    6月を目途に社会保障審議会介護給付費分科会に諮問
   ・審議会の答申を受け、設備基準等を定めた厚生労働省令を改正

 

[関連記事] 

□[解説]特養の個室面積基準を緩和
 待機者解消へ一歩 個室化推進、苦肉の策(2010.04.21読売新聞)

特養の個室ユニット面積基準を緩和
 多床室並みで利用料5千円減(2010.04.22シルバー新報)

特養老人ホーム:個室面積の最低基準緩和 施設建設推進で(2010.04.17毎日新聞)
特養個室の面積基準緩和、8畳から6畳に(2010.04.16読売新聞)
特養待機者解消へ個室面積基準を緩和 厚労相方針(2010.04.16朝日新聞)

介護施設 利用者の悩みは
 「市民相談員なは」が分析 最多は「職員の対応」「施設環境」
 衛生面に不満/沖縄県(2010.04.21沖縄タイムス)

介護職員のたん吸引など実施へ法案提出 来年の通常国会に(2010.04.21キャリアブレイン)

 

施設ヘルパーの「たん吸引」容認 重度者増で医療ニーズ
 配置医承認必須なら業務難しく 消極姿勢の厚労省(2010.04.15産経新聞)