介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

ホームヘルパーの「医療行為」も論点...大臣記者会見(2010.06.01)

○厚生労働省広報室
長妻大臣閣議後記者会見概要(2010.06.01)


 [記者]
  昨日から社会保障審議会介護保険部会が始まり、
  大臣はやむなく御欠席ということでしたが、
  介護保険の見直しのポイントと、
  6月にも発表される介護ビジョンの見通しを
  お聞かせください。

 [厚生労働大臣]
  介護保険がまる10周年になりましたが、
  訪問介護について夜間を含めた体制が
  マンパワーの関係もあり、処遇の問題もあり、
  いろいろ強化すべき点が多いということがあります。
  施設のみならず、訪問介護についても
  ヘルパーさんの役割の拡大、
  痰の吸引、胃瘻の処置というのは特養の職員には
  一定の要件で解禁するということにしましたが、
  訪問についてもいろいろな施策を取った上で、
  夜間を含めて御自宅でも一定の介護が受けられるような体制を取れば、
  施設には行かなくても済む方が
  出てくるのではないかと考えております。
  それは一つの論点に過ぎませんが、
  それ以外にも多くの論点があると思います。

 

[関連記事]

厚労相、ヘルパーのたん吸引検討 訪問介護で(2010.06.01共同通信)

訪問介護、対象外の要望も ペットの世話・家具移動などダメ(2010.06.04読売新聞)