介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

9月16日(木) どうなる介護保険?-No.04 「介護労働」のゆくえ

どうなる介護保険?-No.04
「介護労働」のゆくえ

 

日時 2010年9月16日(木)18時30分~20時30分
会場 
新宿文化センター第1会議室

資料代 1000円(先着60人)

主催
 共に介護を学びあい・励ましあいネットワーク
 市民福祉情報オフィス・ハスカップ


発言者(予定)
 沖藤典子さん(ノンフィクション作家)
 藤原るかさん(ホームヘルパー、共に介護を学びあい・励ましあいネットワーク)
 そのほか


申込フォーム
http://haskap.net/cgi-bin/seminar/index.cgi

 

介護保険法改正のための議論は中盤です
 介護保険法改正案の2011年通常国会提出をめざして、
 社会保障審議会介護保険部会で議論が行われています。
 9月24日に予定される第33回のテーマは
 「介護人材の確保と処遇の改善策」です。

 

ホームヘルパーや介護スタッフの労働条件は改善された?
 2006年度の介護報酬改定では、
 「介護職員の処遇改善」のために
 はじめてプラス3%の引き上げが行われました。
 介護報酬に比例して介護保険料が上がる分は
 税金(介護従事者処遇改善臨時特例交付金)が投入されました。
 続けて、介護職員(常勤換算)1人当たり
 月平均1.5万円の賃上げのため、
 別に税金(介護職員処遇改善交付金)による基金が設けられました。
 これらの改善策は期間限定ですが、
 介護現場で働く人の給与は引き上げられたのでしょうか?
 また、労働条件はよくなったのでしょうか?

 

介護職員の給与引き上げで、介護保険料は5,000円?
 9月6日の第31回介護保険部会では、
 これまで賃金引き上げのために投入された税金を
 介護報酬に振り替えると、
 介護保険料は月額約5000円近くなるという報告がされました。
 働く人には安定した労働条件で働いてもらいたいし、
 必要な人には安心できるサービスを届けてほしい。
 そうしたなかで、私たちは介護保険の負担を
 どう考えたらいいのでしょうか?

 「どうなる介護保険?」第4回では、
 「『介護労働』のゆくえ」をテーマに、
 介護保険の労働条件と負担の課題について、
 意見交換をしたいと考えています。

 

 多くのみなさんのご参加をお待ちしています!