介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

2013.05.01 ハスカップ・レポート2012-2013完成
ハスカップ・レポート2012-2013
『どう変わる? 介護保険
介護保険のこれまで、いま、これから』
(2013年5月1日発行、1部500円)

市民福祉情報オフィス・ハスカップは
2012年度改定以降の介護保険制度について、
ハスカップ・レポート2012-2013を作成しました。
 
現在、2015年改定に向けて
社会保障制度改革国民会議(首相官邸)や
社会保障審議会介護保険部会(厚生労働省)で
見直しの議論が行なわれています。
介護保険の現状を知り、
今後の制度のあり方を考えるための
参考資料になれば幸いです。

1部500円ですが、
郵送の場合は2部1000円(送料込み)以上で
お申込みください。
ご注文をお待ちしています!
 
お支払いは同封する郵便振替用紙か郵便振込で
お願いしていますので、
到着後、郵便局よりお支払いをお願いいたします。

ご希望の方は下記の連絡用フォームに
お名前、注文部数、送付先ご住所をご記入のうえ、
送信してください。
 
連絡用フォーム
http://haskap.net/cgi-bin/mail/index.cgi

ハスカップ・レポート2012-2013
『どう変わる? 介護保険
介護保険のこれまで、いま、これから』目次
Ⅰ. 介護保険のこれまで
Ⅱ. 介護保険のいま 第5期(2012~2014年度)の介護保険
 1.第1号介護保険料は4,972円
 2.認定者は543万人
 3.利用者は451万人
 4.利用料の減免対象は0.5万人
 5.家族介護者は700万人
 6.事業者 在宅サービスと施設サービスのちがい
 7.介護労働者は136万人
 8.ホームヘルプ・サービス 「生活援助」の時間区分短縮の理由
 9.定期巡回・随時対応サービスの利用者は0.6万人
 10.認知症の人は305万人
Ⅲ.介護保険のこれから 第6期(2015~2017年度)の介護保険
 1.社会保障審議会介護保険部会
 2.社会保障制度改革国民会議
 3.介護保険の推計
Ⅳ. 介護保険制度の見直しに関わる組織
 1.社会保障審議会
 2.厚生労働省
 3.介護報酬改定の議論の方法
ハスカップ・セミナー2012にご賛同いただいたみなさん
市民福祉情報オフィス・ハスカップの10年