介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

介護報酬マイナス2.27%改定 パブコメ募集中(2015.02.10)
○厚生労働省老健局
パブリックコメント
募集内容:介護報酬改定内容
募集期間:2015.02.10~03.11

[関連資料]
○厚生労働省老健局
社会保障審議会介護給付費分科会(田中滋・分科会長)

○財務省
社会保障(抜粋)
・消費税増収分(1.35兆円)等を活用し、介護職員の処遇改善や基金による医療介護の基盤整備、認知症対策の充実、国⺠健康保険の財政対策の充実、難病対策の充実など医療・介護サービスのhttp://www.nccu.gr.jp/topics/detail.php?SELECT_ID=201502040001提供体制改革を推進。
・介護サービス料金(介護報酬)について、介護職員の処遇改善(月+1.2万円相当)や良好なサービスに対する加算を行いつつ全体としては引下げ、介護保険料の上昇を抑制、利用者負担を軽減(改定率:▲2.27%)。

○厚生労働省
4-(2)介護保険制度による介護サービスの確保 2兆7,109億円
 ①介護保険制度による介護サービスの確保 2兆6,201億円
 ※2015(平成27)年度介護報酬改定においては、介護職員の処遇改善、物価の動向、介護事業者の経営状況、地域包括ケアの推進等を踏まえ、▲2.27%の改定率とする。
 改定率▲2.27%
  処遇改善:+1.65%
  介護サービスの充実:+0.56%
  その他:▲4.48%

◇UAゼンセン日本介護クラフトユニオン
介護報酬引き下げについてのアンケート調査結果(2015.02.04公表)

[関連記事]
□介護報酬の引き下げで、本当に困るのは誰か 「職員の処遇悪化」を声高に叫ぶ人たちの論理 土居丈朗・慶應義塾大学経済学部教授(2015.02.09東洋経済)
介護の基本報酬、軒並み減 4月の改定、答申へ(2015.02.06キャリアブレイン)
□介護報酬削減「事業所は手元資金を厚く」 日本介護ベンチャー協会の定例会(2015.01.31キャリアブレイン)