介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

2016.02.23(火)ハスカップ・セミナー「『給付の公平化』ってなんだろう?」
2016.02.23(火)ハスカップ・セミナー2016 No.01

「『給付の公平化』ってなんだろう?
~介護保険の"サービスと負担"を考える~」

日時:2016年2月23日(火)18時30分~20時30分
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
ゲスト:國光 登志子さん(NPO法人日本地域福祉研究所主任研究員)
資料代:1500円

参加方法
申込フォームあるいはお名前、ご住所、電話番号、参加人数をご記入のうえFAX.03-3303-4739まで

参加のおさそい
今年もハスカップ・セミナー2016を開催します。
2月23日の第1回は、NPO法人日本地域福祉研究所主任研究員の國光登志子さんをお招きします。
むずかしい言葉ですが、介護保険は「費用負担の公平化」を目的に、2005年、2014年と法律の改正が行なわれました。
しかし、その内容は"公平化"をすすめるものなのでしょうか?
経済財政諮問会議(議長・安倍晋三総理大臣)は1月21日、介護保険について「介護費の地域差の縮小」、「介護給付費の適正化」のため、2016年度内に結論を得るとしています。
では、サービス(給付)の"適正化"とは"公平化"のことなのでしょうか? 
高齢者福祉の現場に詳しい國光さんとともに、改めて介護保険のサービス(給付)と費用(負担)について整理し、課題を共有したいと思います。
多くのみなさんのご参加をお待ちしています。

東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス
JR中央線飯田橋駅西口徒歩2分 東京メトロ東西線飯田橋駅B2b出口
都営地下鉄大江戸線・東京メトロ有楽町線・南北線飯田橋駅B2b出口

主催:市民福祉情報オフィス・ハスカップ
〒113-0033 文京区本郷2-16-12 ストーク森山302 八月書館気付
FAX:03-3303-4739