介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

3月16日(水)ハスカップ・セミナー「サービス付き高齢者向け住宅 なにが問題なのか?」
3月16日(水)ハスカップ・セミナー2016 No.02

サービス付き高齢者向け住宅
 なにが問題なのか?

日時:2016年3月16日(水)18時30分~20時30分
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
ゲスト:中村 寿美子さん「有料老人ホーム・介護情報館」館長
資料代:1500円

参加方法
申込フォームあるいはお名前、ご住所、電話番号、参加人数をご記入のうえFAX.03-3303-4739まで
申し込みフォーム: ← 2月24日から受けつけます。

参加のおさそい
ハスカップ・セミナー2016の2回目は、3月16日、介護カウンセラーの中村寿美子さんをお招きします。
政府は「介護離職ゼロ」のため、2015年度補正予算で約12万人分の介護サービス基盤(地域密着型サービス、施設サービス、サービス付き高齢者向け住宅)の前倒し・上乗せ整備を行う予定です。
2011年から登場したサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、すでに19万戸を超え、全国で急増しているバリアフリー賃貸住宅です。
国土交通省から整備費が補助され、セットサービスは安否確認と相談支援のふたつで、介護保険サービスは在宅サービスを利用します。
補正予算では、さらに2万人分の整備が予定されています。
2015年改正で特別養護老人ホームの新規利用は要介護3以上と制限されるなか、入居者が増え続けるサ高住ですが、自宅と位置づけられているため、なかなか実態が見えません。
サ高住にもくわしい中村さんとともに、課題を共有したいと思います。
多くのみなさんのご参加をお待ちしています。

東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス
JR中央線飯田橋駅西口徒歩2分 東京メトロ東西線飯田橋駅B2b出口
都営地下鉄大江戸線・東京メトロ有楽町線・南北線飯田橋駅B2b出口

主催:市民福祉情報オフィス・ハスカップ
〒113-0033 文京区本郷2-16-12 ストーク森山302 八月書館気付
FAX:03-3303-4739