介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

2015.09.01 ハスカップ・レポート2015-2016刊行!
2015.09.01 ハスカップ・レポート2015-2016刊行!
2015年改正の影響、次期改正の内容、電話相談の報告をまとめました

ハスカップ・レポート2015-2016
『さらに変わる! 介護保険』
(2016年9月1日発行、1部1000円)

2014年改正(2015年度施行)の影響について
厚生労働省を中心とする行政データとともに紹介し、
2017年改正のポイントとなる「骨太方針2016」と
「一億総活躍プラン」が示す内容を整理しました。
国会集会2016「どうなる介護保険?」(4月5日開催)で、
財務省と厚生労働省から得た回答も掲載しています。
また、2015年11月12日から3日間開設した
電話相談「介護保険ホットライン」(介護保険ホットライン企画委員会・主催)の
報告もまとめました。
大きく変わりつつある制度について、
多くのみなさんと情報を共有することを願っています。

レポートは1部1,000円(送料無料)、
10部以上は2割引になります
ご注文をお待ちしています!

なお、お支払いはレポートに同封する郵便振替用紙か
郵便振込でお願いしています。
到着後、郵便局よりお支払いをお願いいたします。

ご希望の方は下記の連絡用フォームに
お名前、注文部数、送付先ご住所をご記入のうえ、
送信してください。

http://haskap.net/cgi-bin/mail/index.cgi

ハスカップ・レポート2015-2016『さらに変わる! 介護保険』目次

[介護保険2015-2016]
 介護保険はどんどん変わる
 認定ランクと利用できるサービス・事業の変わり方
 2014年改正は、消費税の引き上げ分を投入すると言われた
 2014年改正は、2015年4月から2017年3月まで、2年間かけて実施される
 2014年改正の目的は「地域包括ケアシステムの構築」と「費用負担の公平化」

[介護保険2017]
 2017年の通常国会に向けて、改正の"提言"がいっぱい
 「軽度者」と「生活援助サービス」についての説明
 国会集会2016(2016.04.05)での財務省、厚生労働省の説明
 「骨太方針」は、「軽度者」への給付削減、利用者負担の拡大をめざす
 「一億総活躍プラン」は、第三の矢で「介護離職ゼロ」をめざす
 厚生労働省は、高齢・障害・子どもの「丸ごと化」をめざす

[介護保険とお金の関係]
[介護が必要な人のいま]
[介護をする人のいま]
[介護現場で働く人のいま]

[介護保険ホットライン2015]
 データでみる介護保険ホットライン2015
 相談内容でみる介護保険ホットライン2015

市民福祉情報オフィス・ハスカップ2016にご賛同いただいているみなさん

市民福祉情報オフィス・ハスカップの活動
おもな参考資料