介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

2月23・24・25日、電話相談「介護保険ホットライン2017」を開設します!
2月23・24・25日、電話相談「介護保険ホットライン2017」を開設します!

介護保険ホットライン2017
電話番号03-5261-2377

開設日時:
 2017年2月23日(木)10時~午後6時
 2017年2月24日(金)10時~午後6時
 2017年2月25日(土)10時~午後4時
※毎日、午前10時から午後6時まで。
 2月25日(土)のみ午後4時までになります。

あなたの「介護のある暮らし」は
どうなっていますか?

介護保険は改正を繰り返してきましたが、
2015年度から2年がかりで実施されている
要支援1・2のホームヘルプ・サービスとデイサービスの
市区町村事業への移行は、
どのような影響が出ているのか、いまだに不明です。
そうしたなか、1月20日からスタートした通常国会には、
新たな介護保険法改正案が提出される予定です。
すでに2015年改正で、
特別養護老人ホームの利用は要介護3以上が原則、
「一定以上の所得」がある人は利用料が2倍になっています。
今回は医療保険の「現役並み所得者」は3割負担に、
負担軽減策である高額介護サービス費の上限額は引き上げるなど、
さらなる負担増が並びます。
2018年度の介護報酬の見直しでは、
ホームヘルプ・サービスの「生活援助」を抑制するプランも出ています。

どうぞ、お気軽にお電話ください!!

介護保険ホットライン企画委員会は、
2006年から電話相談を開設してきました。
今回は、2015年以降、利用者や介護者、介護職など現場で働く人たちの
「介護のある暮らし」はどうなっているのか、
多くの声を広く集めたいと願っています。
介護をめぐる悩みはひとりひとり違いますし、
寄せられる相談に方程式のような答えはありません。
しかし、ボランティアの相談スタッフのみなさんとともに、
悩みに耳を傾け、調べられることはお知らせし、
解決できない課題については報告書にまとめて提言するなど、
多くのみなさんと共有したいと考えています。
お電話をお待ちしています!

介護保険ホットライン企画委員会
 共同代表:小竹雅子、小島美里、林洋子
後援:東京ボランティア・市民活動センター

※相談対応はできませんが、
 介護保険制度の課題について
 下記のメールフォームで、
 困っていることやご意見をお知らせください。
 みなさんの実情を知ることが、
 今後の活動につながります!
http://haskap.net/cgi-bin/mail/index.cgi


介護保険ホットライン応援団にぜひ、ご参加ください!

2017年の電話相談を成功させるために、
介護保険ホットライン応援団として
ご賛同とご出資(1口2000円)をいただけるみなさんを募集しています。
応援団にご参加いただいたみなさんには
報告会のご案内、集計報告を送らせていただきます。
お申し込みは下記にご記入のうえ、ファックスでお送りください。
ぜひ、「介護保険ホットライン2017」をご支援くださいますよう、
お願いいたします。

申し込み方法
メールフォームで下記について、お知らせください。

1.お名前(ふりがな)
2.賛同金口数(1口2000円)
3.入金方法について、①②いずれかをお知らせください。
 ①郵便振替
 ②銀行振込
4.資料送付先住所
5.応援団の氏名公表について、①~④を選んでお知らせください。
 ※お知らせがない場合は非公開とさせていただきます。
 ①名前と所属を公表してもかまいません
 ②名前だけ公表してください
 ③所属団体だけ公表してください
 ④名前と所属は出さないでください

入金先
郵便振替口座:00180-8-351534 ホットライン企画委員会
銀行口座:ゆうちょ銀行 店番019 当座0351534 ホツトラインキカクイインカイ