介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

2017.04.04(火)ハスカップ・セミナー「相模原事件 なにが課題なのか?」
2017年4月4日(火)ハスカップ・セミナー2017-No.02
「相模原事件 なにが課題なのか?」

日時:2017年4月4日(火)18時30分~20時30分
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access
 〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
ゲスト:石渡 和実さん(東洋英和女学院大学大学院教授)
資料代:1500円
参加方法:
申込フォームあるいは
お名前、ご住所、電話番号、参加人数をご記入のうえFAX.03-3303-4739まで
http://haskap.net/cgi-bin/seminar/index.cgi

参加のおさそい:
ハスカップ・セミナー2017の2回目は、
東洋英和女学院大学大学院教授(障害者福祉論、人権論)の
石渡和実さんをお招きします。
昨年、社会に大きな衝撃を与えた
障害者支援施設「津久井やまゆり園」(神奈川県相模原市)の
大量殺傷事件について、
厚生労働省と神奈川県が相次いで報告書を出しました。
現在、開会中の通常国会には、
措置入院のあり方を中心とする
「精神保健法」(精神保健及び精神障害者福祉に関する法律)の改正案も
提出されています。
福祉施設の防犯体制や、精神障害者への支援、
「津久井やまゆり園」の建て替えのほか、
容疑者個人の精神状態や思想問題などが
クローズアップされていますが、
私たちが受けた衝撃の本質はどこにあるのでしょうか?
今回は、神奈川県の
「津久井やまゆり園事件検証委員会」委員長も務められた
石渡さんをお招きし、
「共に生きる社会」を阻む課題は何かを考えたいと思います。
多くのみなさんのご参加をお待ちしています。

東京しごとセンターへのアクセス:
JR中央・総武線飯田橋駅西口
東京メトロ有楽町線・東西線・南北線飯田橋駅B2b出口
都営地下鉄大江戸線飯田橋駅B2b出口

主催:市民福祉情報オフィス・ハスカップ
〒113-0033 文京区本郷2-16-12 ストーク森山302 八月書館気付
FAX:03-3303-4739