介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

市民福祉情報No.937☆2017.11.06
市民福祉情報No.937☆2017.11.06  http://haskap.net ━━━━━━━━☆

☆市民福祉情報オフィス・ハスカップは
12月4日(月)18時30分~20時30分、
婦選会館2階会議室で、
ハスカップ・セミナー2017-No.03
「介護と医療の連携はどうなるの? 在宅介護の未来」を開きます。
みなさんのご参加をお待ちしています。
ゲスト:佐藤美穂子さん(公益財団法人日本訪問看護財団常務理事)
http://haskap.net/2017/11/20171204.html
http://haskap.net/cgi-bin/seminar/index.cgi
※会場は婦選会館です。
お間違えのないようにお願いいたします。

☆介護保険ホットライン企画委員会と
介護労働ホットライン実行委員会は、
11月1日、第7期介護報酬改定について、
を厚生労働大臣に提出しました。
10月29日に社会保障審議会介護給付費分科会委員に
送付した要望書と同じ内容です。
http://haskap.net/2017/11/20171101.html

【2018年度介護報酬】 ........................☆

社会保障審議会
.......................................
○厚生労働省老健局
社会保障審議会介護給付費分科会(田中滋・分科会長)
第149回(2017.11.01)資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000183153.html
第150回(2017.11.08)開催案内
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000182995.html
テーマ:通所介護、療養通所介護、通所リハビリテーション、訪問リハビリテーション、訪問看護、看護小規模多機能型居宅介護、居宅療養管理指導

[関連記事]
□大規模事業所の報酬抑制へ デイサービスで厚労省検討(2017.11.02時事通信)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017110201447&g=soc
□デイサービス報酬、リハビリ重視で増 外部専門職と連携時 厚労省方針(2017.11.05朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/DA3S13214149.html

ホームヘルプ・サービス(生活援助)
.......................................
○介護給付費分科会第149回(2017.11.01)
資料1.訪問介護の報酬・基準について
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000183149.pdf
[身体介護と生活援助の在り方]
対応案②「自立生活支援のための見守り的援助」の明確化
・身体介護と生活援助の内容を規定している通知(老計第10号)について、身体介護として行われる「自立生活支援のための見守り的援助」を明確化
対応案③身体介護と生活援助の報酬
・身体介護に重点を置くなど、身体介護・生活援助の報酬にメリハリ
対応案④生活援助中心型の担い手の拡大(基準の緩和)
・介護福祉士等は身体介護を中心に担うこととし、生活援助中心型については、現在の訪問介護員の要件(130時間以上の研修)は求めない
・新たに生活援助中心型のサービスに従事する者に必要な知識等に対応した研修課程を創設する
・事業者ごとに訪問介護員等を常勤換算2.5以上置くが、新しい研修修了者もこれに含める
・この場合、生活援助中心型サービスは介護福祉士等が提供する場合と新研修修了者が提供する場合とが生じるが、両者の報酬は同様とする

[関連資料]
○厚生労働省社会・援護局
社会保障審議会福祉部会福祉人材確保専門委員会(田中滋・委員長)
第10回(2017.03.28)資料1.介護人材に求められる機能の明確化と キャリアパスの実現に向けて
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000158093.pdf
介護人材のすそ野の拡大について
・介護分野への参入のきっかけを作るとともに、参入障壁となっている不安を払拭するため、入門的研修を導入

[関連記事]
□訪問介護の利用回数に上限設ける? 分科会で意見割れる(2017.11.02朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASKC17TSNKC1UBQU027.html
□「生活援助」に緩和型研修 厚労省「人材確保のため必要」(2017.11.02シルバー新報)
http://www.silver-news.com/ps/qn/guest/news/showbody.cgi?CCODE=11&NCODE=522
□生活援助中心型の新研修を創設 厚労省、介護給付費分科会に提案(2017.11.02キャリアブレイン)
https://www.cbnews.jp/news/entry/20170804201102
□ヘルパー短期研修 厚労省が新設方針 「質低下招く恐れも」(2017.10.31東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201710/CK2017103102000112.html

ホームヘルプ・サービス(同一建物減算)
.......................................
○介護給付費分科会第149回(2017.11.01)
資料1.訪問介護の報酬・基準について
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000183149.pdf
[同一建物等居住者にサービス提供する場合の報酬]
・有料老人ホーム等以外の建物も対象としてはどうか
・利用者の人数については、有料老人ホーム等は1月あたり「10人以上」、その他の建物は1月当たり「20人以上」としてはどうか
・当該建物に居住する利用者の人数が1月あたり10人以上又は20人以上の場合は、減算幅を見直してはどうか

[関連記事]
□入居者囲い過剰介護 サービス付き住宅に批判も 業界適正化目指す(2017.11.06読売新聞)
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171030-OYTET50047/

ホームヘルプ・サービス(サービス提供責任者)
.......................................
○介護給付費分科会第149回(2017.11.01)
資料1.訪問介護の報酬・基準について
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000183149.pdf
[サービス提供責任者の任用要件等の明確化]
・初任者研修課程修了者及び旧2級課程修了者は任用要件から廃止してはどうか
・ただし、現に従事している者については1年間の経過措置を設ける

ホームヘルプ・サービス(生活機能向上連携加算)
.......................................
○介護給付費分科会第149回(2017.11.01)
資料1.訪問介護の報酬・基準について
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000183149.pdf
[身体介護と生活援助の在り方]
対応案①生活機能向上連携加算の見直し
・現行に加えて、医療提供施設の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・医師が訪問して行う場合についても評価する
・リハビリ専門職との連携を促進するため、これらの評価を充実してはどうか
※生活機能向上連携加算の取得率 156件

[参考資料]
○厚生労働省政策統括官付参事官付社会統計室
介護給付費等実態調査月報(2017年4月審査分)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/kyufu/2017/04.html
訪問介護 請求件数 108.7万件

介護職員処遇改善加算
.......................................
□介護職の処遇改善に約1千億円あてる方針(2017.11.03朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASKC3249LKC3UBQU002.html

福祉用具レンタル
.......................................
□介護用具の貸与に上限 厚労省、来年10月から  (2017.11.05日経新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23124520V01C17A1NN1000/

[関連資料]
○介護給付費分科会第148回(2017.10.27)
資料8.福祉用具貸与の報酬・基準について(案)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000182784.pdf

経営実態調査
.......................................
□介護事業所16年度の利益率低下 報酬改定へ議論本格化(2017.10.26共同通信)
https://this.kiji.is/296174328169268321?c=39546741839462401
□介護サービス、大半が黒字 利益率は低下、報酬改定に反映 厚労省調査(2017.10.26時事通信)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017102600816&g=soc

[関連資料]
○厚生労働省老健局
2017(平成29)年介護事業経営実態調査結果の概要
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/jittai17/index.html

[参考資料]
○介護給付費分科会第146回(2017.09.06)議事録
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000183513.html
事業者団体ヒアリング1
一般社団法人全国軽費老人ホーム協議会ほか
全国個室ユニット型施設推進協議会
公益社団法人日本理学療法士協会ほか
公益社団法人日本リハビテーション医学会ほか
宅老所・グループホーム全国ネットワーク 

介護医療院
.......................................
○厚生労働省保険局
入院医療等の調査・評価分科会(武藤正樹・分科会長)
第10回(2017.10.18)資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000180671.html
 資料1.
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000180911.pdf
療養病棟を有する病院の病床規模別の分布
 療養病棟入院基本料1 143,635ベッド
 療養病棟入院基本料2 71,619ベッド
慢性期の病棟におけるタイムスタディ調査
 医療区分
  1 11.5%
  2 52.5%
  3 36.0%
 ADL区分
  1 11.0%
  2 21.2%
  3 67.8%
 患者1人1日当たり総ケア時間(平均)
  203.8分

「科学的介護」
.......................................
○厚生労働省老健局
科学的裏付けに基づく介護に係る検討会(鳥羽研二・座長)
第2回(2017.10.26)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000182547.html
第3回(2017.11.07)開催案内
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000181336.html

【高齢者】 .......................................☆

「介護リスク」
.......................................
□聴力低下と社会的活動の減少で、要介護リスク2倍に(2017.11.02朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASKBT5WJ5KBTULBJ00S.html

運転免許
.......................................
□認知症 運転3万人に恐れ 高齢111万人検査 道交法改正半年(2017.11.02毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20171102/dde/001/040/071000c
□3万人「認知症恐れ」 高齢者、免許取り消し674人 改正道交法から半年・警察庁(2017.11.02時事通信)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017110200465&g=soc

転倒事故
.......................................
◇独立行政法人国民生活センター
見守り新鮮情報第293号
「高齢者の生活動線を点検して転倒事故を防ぎましょう」
http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mailmag/mj-shinsen293.html

【介護者】 .......................................☆

「8050」世帯
.......................................
○厚生労働省社会・援護局
社会保障審議会生活困窮者自立支援及び生活保護部会(宮本太郎・部会長)
第9回(2017.10.31)参考資料2.
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000182915.pdf
いわゆる「8050」世帯に至る主な例
・中高年以降の失業等に伴うケース
・親の介護に伴うケース
・ひきこもりに伴うケース
※「8050」世帯:一般に「80代の高齢の親と単身で無職の50代の子どもが同居している困窮世帯」を指す

【介護労働】 ....................................☆

「不満」
.......................................
□介護職員 8割が「不満」 低賃金改善されず(2017.11.04毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20171105/k00/00m/040/030000c

技能実習生
.......................................
○厚生労働省人材開発統括官付海外人材育成担当参事官室
新しい技能実習制度がスタートしました
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000183027.html

[関連資料]
□失踪・犯罪・使い捨て 問題多発 介護職追加の外国人技能実習制度(2017.11.01産経新聞)
http://www.sankei.com/life/news/171101/lif1711010006-n2.html
□外国人実習、企業の監督強化 悪質ケースに罰金刑 適正化法施行(2017.11.01時事通信)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017110100020&g=pol
□外国人技能実習、厳正化へ 受け入れ先を監督 適正化法あす施行(2017.10.30朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/DA3S13206239.html
□外国人技能実習、介護も受け入れ 実際の入国は年明けの見込み(2017.10.29東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201710/CK2017102902000120.html

[参考資料]
○介護給付費分科会第146回(2017.09.06)
参考資料6.技能実習「介護」における固有要件等について
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000176644.pdf

【介護保険サービス】 ........................☆

○厚生労働省老健局
介護保険事業状況報告(暫定)2017年8月分
http://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/osirase/jigyo/m17/1708.html

【高齢者向け住宅】 ...........................☆

高齢者向け賃貸住宅
.......................................
□[愛知県]介護施設で入所女性死亡 名古屋市(2017.10.31産経新聞)
http://www.sankei.com/west/news/171031/wst1710310105-n1.html

【障害福祉サービス】 ........................☆

重度訪問介護
.......................................
□筋ジス男性 「見る景色変わった」37年ぶりに自立生活(2017.11.04毎日新聞)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171104-00000029-mai-soci

報酬改定
.......................................
○生労働省社会・援護局
障害福祉サービス等報酬改定検討チーム
第13回(2017.10.31)資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000182986.html
テーマ:就労系サービス

交通事故
.......................................
□[兵庫県]衝突  障害者施設の車 街路樹に 9人死傷(2017.11.05毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20171106/k00/00m/040/060000c

【生活保護法】 .................................☆

「一体的な議論」
.......................................
○厚生労働省社会・援護局
社会保障審議会生活困窮者自立支援及び生活保護部会(宮本太郎・部会長)
第9回(2017.10.31)資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000182916.html
資料1.一時生活支援・居住支援等のあり方について
資料2.都道府県・町村・社会福祉法人の役割等について
参考資料1.無料低額宿泊事業を行う施設の状況に関する調査結果
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000182914.pdf
 施設数:537施設
 入所者数:15,600人(うち生活保護受給者14,143人)

「級地」
.......................................
□生活保護  30年ぶり等級見直し 大阪市引き下げも(2017.11.03毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20171103/k00/00m/040/164000c

バッシング
.......................................
□「生活保護バッシング」がやまない本質的理由 自分が貧しいとは誰だって思いたくない(2017.11.02東洋経済オンライン)
http://toyokeizai.net/articles/-/194543

【社会保障】 ....................................☆

臨時福祉給付金
.......................................
○厚生労働省社会・援護局
臨時福祉給付金(経済対策分(簡素な給付措置))の
取組状況(2017.09.30現在)
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12001000-Shakaiengokyoku-Shakai-Soumuka/0000181866.pdf
支給額:1人につき15,000円
支給決定:2,043万人
○厚生労働省
「臨時福祉給付金(経済対策分)」(簡素な給付措置)の概要
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000151623.html
.........................................................☆

☆メイル・ミニコミでは「市民福祉」にかかわる情報を紹介し、みなさんと共有していきたいと考えています。
☆友人・知人などへの非営利転送を歓迎します。引用、転載される場合、出典としてメイル・ミニコミ「市民福祉情報」を明記してください。なお、掲載媒体を送信・通知していただけると嬉しいです。
☆有料あるいは営利目的の転載は禁じます。

市民福祉情報No.937☆2017.11.06 ━━━━end