介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

2018.01.16(火)ハスカップ・セミナー2018-No.01「『地域共生社会』ってなんだろう?」
2018.01.16(火)ハスカップ・セミナー2018-No.01
「『地域共生社会』ってなんだろう?」

日時:2018年1月16日(火)18時30分~20時30分
https://www.tvac.or.jp/tvac/access.html
東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
ゲスト:長谷川 律子さん(障害児を普通学校へ・全国連絡会代表世話人)
資料代:1500円
参加方法:
申込フォームあるいは
お名前、ご住所、電話番号、参加人数をご記入のうえFAX.03-3303-4739まで
http://haskap.net/cgi-bin/seminar/index.cgi

参加のおさそい:
ハスカップ・セミナー2018の第1回は、
1月16日(火)、1977年に養護学校(現・特別支援学校)から
地域の普通学校への転校を求め、
6年をかけて実現した金井康治さんの保護者であり、
現在、「障害児を普通学校へ・全国連絡会」代表世話人で、
ケアマネジャーでもある長谷川律子さんをゲストにお招きします。

2016年7月、政府の「ニッポン一億総活躍プラン」を受けて、
厚生労働省は「『我が事・丸ごと』地域共生社会実現本部」を設置しました。
同本部は、2020~2025年に、
地域包括支援センターや社会福祉協議会、NPOなどによる
「地域における住民主体の課題解決」を支援し、
育児、介護、障害、貧困などが複合化し、
地域では解決できない課題について
「包括的・総合的な相談支援体制の確立」をめざすとしています。

しかし、トップダウンで示された「地域共生社会」は、
具体的な内容に乏しいものです。
「共に生きる社会」をボトムアップするには、
どのような視点が必要なのか、
長谷川さんとともに考えたいと思います。
多くのみなさんのご参加をお待ちしています。

東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス:
JR中央線飯田橋駅西口徒歩2分
東京メトロ東西線飯田橋駅B2b出口
都営地下鉄大江戸線・東京メトロ有楽町線・南北線飯田橋駅B2b出口

主催:市民福祉情報オフィス・ハスカップ
〒113-0033 文京区本郷2-16-12 ストーク森山302 八月書館気付
FAX:03-3303-4739