介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

市民福祉情報No.944☆2017.12.22
市民福祉情報No.944☆2017.12.22  http://haskap.net ━━━━━━━━☆

☆市民福祉情報オフィス・ハスカップは、介護報酬のプラス改定の条件として、ホームヘルプ・サービスの「生活援助」を抑制する見直しに反対し、総理大臣に要望書を提出する予定です。
ぜひ、要望書に多くのみなさんのご賛同をお願いいたします!
締め切りは2018年1月15日です。
ぜひ、お知りあいにも呼びかけをお願いいたします!
http://haskap.net/2017/12/20171209.html
http://haskap.net/2017/12/post-195.html
http://haskap.net/cgi-bin/mail/index.cgi

☆市民福祉情報オフィス・ハスカップは2018年1月16日(火)18時30分~20時30分、東京ボランティア・市民活動センターで、ハスカップ・セミナー2018-No.01「『地域共生社会』ってなんだろう?」を開きます。
みなさんのご参加をお待ちしています。
ゲスト:長谷川 律子さん(障害児を普通学校へ・全国連絡会代表世話人)
詳細:
http://haskap.net/2017/12/201801162018-no01.html
申し込みフォーム:
http://haskap.net/cgi-bin/seminar/index.cgi
※会場は東京ボランティア・市民活動センターです。
お間違えのないようにお願いいたします。

【2018年度介護報酬】 ........................☆

トリプル改定
.......................................
○厚生労働省
診療報酬・介護報酬・障害福祉サービス等報酬改定について(2017.12.18公表)
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000188479.pdf
・介護報酬改定 +0.54%
・障害福祉サービス等報酬改定 +0.47%
・診療報酬改定
 診療報酬 +0.55%
 薬価等
  薬価 △1.65%
  材料価格 △0.09%

プラス改定の条件
.......................................
○厚生労働省
大臣折衝事項(2017.12.18公表)
3.2018年度介護報酬改定、障害福祉サービス等報酬改定等
(介護報酬改定)
(1)給付の適正化
「経済・財政再生計画改革工程表」に沿って、通所介護などの各種の給付費の適正化(△0.5%程度)
(2)訪問回数の多い利用者への対応
統計的に見て通常よりもかけ離れた回数を利用する訪問介護の生活援助中心型サービスについては、市町村が地域ケア会議等において検証を行うとともに、必要に応じ、ケアプランの是正を促す取組を進める。
また、市町村による検証のためのマニュアルを早急に策定するとともに、地域ケア会議等における検証の実施状況等を定期的に調査し、公表する。
(3)今後の課題

[関連記事]
□[社説]医療・介護の報酬は微増 持続可能な制度のために(2017.12.19毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20171219/ddm/005/070/035000c?fm=mnm
□診療報酬、1.19%下げ 生活扶助、3年かけ1.8%減(2017.12.19朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/DA3S13279771.html?ref=nmail_20171219mo
□診療報酬、0.90%マイナス 介護、障害は増 18年度予算折衝(2017.12.18時事通信)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017121800742&g=eco

パブリックコメント(運営基準改正案)
.......................................
○電子政府の総合窓口
指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準等の一部を改正する省令(仮称)案に関する意見募集について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495170254&Mode=0
募集期間:2017年12月1日~30日
募集要項:
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000166819
概要:
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000166820
6.居宅介護支援(8ページ目)訪問回数の多い利用者への対応

介護報酬改定案
.......................................
○厚生労働省老健局
社会保障審議会介護給付費分科会(田中滋・分科会長)
2018(平成30)年度介護報酬改定に関する審議報告
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000188370.html
概要(5ページ)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000188509.pdf
審議報告(106ページ)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000188369.pdf

「訪問回数の多い生活援助」(ホームヘルプ・サービス)
.......................................
○厚生労働省老健局
社会保障審議会介護給付費分科会(田中滋・分科会長)
2018(平成30)年度介護報酬改定に関する審議報告
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000188369.pdf
2-9.身体介護と生活援助の報酬
 身体介護に重点を置く
2-10.訪問回数の多い利用者への対応
 ア.統計的に見て通常のケアプランよりかけ離れた回数(※)の訪問介護(生活援助中心型)を位置付ける場合には、ケアマネジャーが、市町村にケアプランを届け出ることとする。
 イ.地域ケア会議の機能として、届け出られたケアプランの検証を位置付け、市町村は地域ケア会議の開催等により、届け出られたケアプランの検証を行うこととする。
※「全国平均利用回数+2標準偏差」を基準として2018年4月に国が定め、6ヶ月の周知期間を設けて10月から施行する。

「生活援助の新研修」(ホームヘルプ・サービス)
.......................................
厚生労働省老健局
社会保障審議会介護給付費分科会(田中滋・分科会長)
○2018(平成30)年度介護報酬改定に関する審議報告概要
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000188509.pdf
Ⅲ-1.生活援助の担い手の拡大
介護福祉士等は身体介護を中心に担う(機能分化)とともに、生活援助については、人材確保の裾野を拡大するととにも、新研修を創設して質を担保する。
○2018(平成30)年度介護報酬改定に関する審議報告
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000188369.pdf
Ⅲ-1-(1)-4
生活援助中心型サービスは介護福祉士等が提供する場合と新研修修了者が提供する場合とが生じるが、両者の報酬は同様とする。

[関連資料]
○厚生労働省老健局
社会保障審議会介護給付費分科会第149回(2017.11.01)議事録
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000188275.html
込山愛郎・振興課長:例えば、就業していない女性の方、中高年の方などを初めとして、いろいろな方がこの介護分野に顔を出していただければと思います。

デイサービス
.......................................
○厚生労働省老健局
社会保障審議会介護給付費分科会(田中滋・分科会長)
2018(平成30)年度介護報酬改定に関する審議報告
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000188369.pdf
4-(1)-6.通所介護等の基本報酬のサービス提供時間区分の見直し
4-(1)-7.通所介護における規模ごとの基本報酬の見直し

利用限度額(有料老人ホーム等)
.......................................
○厚生労働省老健局
社会保障審議会介護給付費分科会(田中滋・分科会長)
2018(平成30)年度介護報酬改定に関する審議報告
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000188369.pdf
4-(2)-1.同一建物等居住者にサービスを提供する場合
ウ.区分支給限度基準額
減算を受けている者の区分支給限度基準額を計算する際には、減算前の単位数を用いることとする。
※有料老人ホーム等:有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、養護老人ホーム、軽費老人ホーム
※サービス:訪問介護、定期巡回・随時対応型訪問介護看護など

共生型サービス
.......................................
□[質問なるほドリ]共生型サービスって? 高齢者も障害者も利用可 基準緩め普及促す(2017.12.20毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20171220/ddm/003/070/184000c?fm=mnm

「自立支援介護」
.......................................
○内閣府
新しい経済政策パッケージについて(2017.12.08閣議決定)
http://www5.cao.go.jp/keizai1/package/20171208_package.pdf#search=%27%E4%BA%BA%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E9%9D%A9%E5%91%BD%E3%83%BB%E7%94%9F%E7%94%A3%E6%80%A7%E9%9D%A9%E5%91%BD%27
3.Society 5.0の社会実装と破壊的イノベーションによる生産性革命
[健康・医療・介護]
ⅲ)自立支援介護の促進、介護のICT化、ロボット・センサーの活用
一定の効果が認められた自立支援について、2018年度の介護報酬改定において、ストラクチャー・プロセス評価をアウトカム評価に組み合わせ20、適切に評価する。
※20 サービスの質を踏まえた介護報酬、1.ストラクチャーは、人的配置等の構造、2.プロセスは、事業者と利用者間の相互作用等の過程、3.アウトカムは、サービスによりもたらされた利用者の状態変化等の結果を評価することをいう。

[関連資料]
◇株式会社ニッセイ基礎研究所
「治る」介護、介護保険の「卒業」は可能か ― 改正法に盛り込まれた「自立支援介護」を考える(2017.12.20)
http://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=57438&pno=1?site=nli

【高齢者虐待】 .................................☆

「養介護施設従事者等」
.......................................
□若手介護職 どう支える 高齢者施設で虐待 虐待未然防止の留意点(2017.12.20朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/CMTW1712201300002.html

セルフネグレクト
.......................................
□2トンの山・壁には虫が 母の家、気づけば「ごみ屋敷」(2017.12.18朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASKD53S6XKD5PTIL00C.html?ref=nmail

【高齢者】 .......................................☆

「生涯現役社会」
.......................................
□[日本の世論2017]いつまで働く?「70歳以上」36%(2017.12.20毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20171221/k00/00m/010/098000c?fm=mnm

孤立死
.......................................
□[東京都]孤立死、遺品は語る 整理の現場に同行(2017.12.15東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201712/CK2017121502000248.html

[関連資料]
○東京都福祉保健局
東京都監察医務院で取り扱った自宅住居で亡くなった単身世帯の者の統計
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kansatsu/kodokushitoukei/index.html
2016年度 合計 7,391人
 65歳以上 5,219人(71%)
  男性 3,121人
  女性 2,098人

【介護者】 .......................................☆

介護離職
.......................................
□「親の介護で転勤できない」 男性社員の申し出増加 企業 離職防ぐ手立て模索(2017.12.11日経新聞)
https://style.nikkei.com/article/DGXKZO24427650Y7A201C1NZBP00?channel=DF140920160925&style=1

介護休業制度
.......................................
□[兵庫県]非正規遠い"介護離職ゼロ" 企業「休業制度」の対象外(2017.12.17神戸新聞)
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201712/0010825013.shtml

死体遺棄罪
.......................................
□[宮城県]母と兄遺体を自宅放置容疑、49歳の男逮捕 「ショックで通報遅れた」 宮城・大崎(2017.12.21産経新聞)
http://www.sankei.com/affairs/news/171221/afr1712210007-n1.html
□[大阪府]ごみ屋敷の自宅に妹の遺体2年放置 姉に猶予判決(2017.12.19朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASKDM4GZ3KDMPTIL00P.html

【介護労働】 ....................................☆

介護職員処遇改善加算
.......................................
○厚生労働省老健局
社会保障審議会介護給付費分科会(田中滋・分科会長)
2018(平成30)年度介護報酬改定に関する審議報告
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000188369.pdf
4-(3)-5.介護職員処遇改善加算の見直し
介護職員処遇改善加算(Ⅳ)及び(Ⅴ)については、これを廃止することとする。
その際、一定の経過措置期間を設けることとする。

「消費税率10%への引上げ」
.......................................
□中堅介護福祉士の月給8万円増へ 政府「人づくり革命」決定(2017.12.18福祉新聞)
http://www.fukushishimbun.co.jp/topics/17893

[関連資料]
○内閣府
新しい経済政策パッケージについて(2017.12.08閣議決定)
http://www5.cao.go.jp/keizai1/package/20171208_package.pdf#search=%27%E4%BA%BA%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E9%9D%A9%E5%91%BD%E3%83%BB%E7%94%9F%E7%94%A3%E6%80%A7%E9%9D%A9%E5%91%BD%27
第2章「人づくり革命」5.介護人材の処遇改善
介護サービス事業所における勤続年数10年以上の介護福祉士について月額平均8万円相当の処遇改善を行うことを算定根拠に、公費1000億円程度を投じ、処遇改善を行う。
また、障害福祉人材についても、介護人材と同様の処遇改善を行う。
(実施時期)
こうした処遇改善については、消費税率の引上げに伴う報酬改定において対応し、2019年10月から実施する。
6.これらの施策を実現するための安定財源
2019年10月に予定される消費税率10%への引上げによる財源を活用する。
消費税率の2%の引上げにより5兆円強の税収となるが、この増収分を教育負担の軽減・子育て層支援・介護人材の確保等と、財政再建とに、それぞれ概ね半分ずつ充当する。(中略)これらの政策は、2019年10月に予定されている消費税率10%への引上げを前提として、実行することとする。
※14 「介護人材の確保等」は、従前より消費税率10%引上げ時に実施することとされていた年金生活者支援給付金などの社会保障の充実策(1.1兆円程度)。

[参考資料]
○厚生労働省
年金生活者支援給付金の支給に関する法律
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12600000-Seisakutoukatsukan/nenkin04.pdf

「人材確保」
.......................................
○厚生労働省社会・援護局
社会保障審議会福祉部会(田中滋・部会長)
第20回(2017.12.18)資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000137867.html
資料3.「介護人材に求められる機能の明確化とキャリアパスの実現に向けて」(福祉人材確保専門委員会報告書)について
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000188572.pdf
実現に向けた具体的な対応
・介護職のグループにおけるリーダーの育成
・介護福祉士養成課程におけるカリキュラムの見直し
・介護人材のすそ野の拡大に向けた入門的研修の導入
・介護福祉士等による医療的ケアの実態の把握  
○厚生労働省社会・援護局
社会保障審議会福祉部会福祉人材確保専門委員会(田中滋・委員長)
第11回(2017.09.26)議事録
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000167174.html

[関連記事]
□[岐阜県]介護など人材確保へ拠点 県、来年度(2017.12.17読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/local/gifu/news/20171218-OYTNT50171.html

養成校
.......................................
□求む!未来の介護福祉士 養成校が定員割れ 人の最期にかかわる「すごい仕事」(2017.12.20朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASKDN4V1QKDNUBQU00R.html

【老人保健施設】 ..............................☆

廃止
.......................................
□[滋賀県]ケアセンターおおつ 職員の処遇解消もとめる(2017.12.19朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASKDL66YSKDLPTJB00Q.html

新設
.......................................
□[宮城県]宮城の県立循環器センター閉鎖へ 跡地は高齢者施設に(2017.12.18朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASKDL3S8NKDLUBQU002.html

譲渡
.......................................
□[栃木県]佐野市民病院、社団法人に来年4月譲渡 市が運営費など補助(2017.12.21産経新聞)
http://www.sankei.com/region/news/171221/rgn1712210045-n1.html

【保険者】 .......................................☆

条例改正
.......................................
□[秋田県]介護保険条例の改正を失念 鹿角市、半年以上にわたり(2017.12.21秋田魁新報)
http://www.sakigake.jp/news/article/20171221AK0010/

見守り
.......................................
□[神奈川県]高齢者、コンビニと見守り 茅ケ崎市が協定(2017.12.21神奈川新聞)
http://www.kanaloco.jp/article/299190/

「終活支援」
.......................................
□[千葉県]「終活」千葉市が支援 来年1月から相談受け付け(2017.12.21朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASKDC01M8KDBUDCB00B.html

【事業者】 .......................................☆

事業規模
.......................................
□なぜ介護ビジネスは中小企業ばかりなのか 8割超の原価は人件費、施設費(2017.12.20プレジデントオンライン)
http://president.jp/articles/-/23967

指定取り消し
.......................................
□[群馬県]介護報酬を不正請求 事業者の指定取り消し(2017.12.21朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASKDP3GLJKDPUBQU00V.html
□[兵庫県]訪問介護事業所が370万円を不正受領 指定取り消し(2017.12.19朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASKDM3SMMKDMUBQU00R.html

【厚生労働省】 .................................☆

研究補助金
.......................................
○大臣官房厚生科学課
2018(平成30)年度厚生労働科学研究費補助金公募要項(1次)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000187912.html
・国際生活機能分類(ICF)を用いた医療・介護連携を促進するための研究
・在宅医療・介護連携の質の評価のための研究
・高齢者の人生の最終段階における多職種連携による療養支援方法等に資する研究
・在宅・介護施設等における慢性期の医療ニーズの評価指標等を作成するための研究
・在宅・介護施設等における医療的ケアに関連する事故予防のための研究
・地域で実施できる安全かつ効果的な介護予防手法の開発のための研究
・運動・栄養介入による高齢者の虚弱予防に関する長期的な介護費削減効果の検証とガイドライン策定のための研究
・介護保険事業(支援)計画を踏まえた介護レセプト情報等を活用した介護サービス提供体制の評価のための研究
・要介護認定データ等を活用した高齢者の状態等の経時的変化の類型化のための研究

【医療保険】 ....................................☆

診療報酬改定
.......................................
○厚生労働省
大臣折衝事項(2017.12.18)
診療報酬改定
 診療報酬 +0.55%(国費+600億円程度)
 薬価等
  薬価 △1.65%(国費△1500億円程度)
  材料価格 △0.09%(国費△100億円程度)
  薬価制度の抜本改革(国費△300億円程度)
 いわゆる大型門前薬局に対する評価の適正化(国費△60億円程度)

多剤投与(ポリファーマシー)
.......................................
○厚生労働省医薬・生活衛生局
高齢者医薬品適正使用ガイドライン作成ワーキンググループ(秋下雅弘・主査)
第2回(2017.12.13)資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000188406.html

医療費適正化計画
.......................................
○厚生労働省保険局
第二期全国医療費適正化計画の進捗状況について(2017.12.19公表)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000188600.html

「骨太2017」
.......................................
○厚生労働省
社会保障審議会医療保険部会(遠藤久夫・部会長)
社会保障審議会医療保険部会における議論の整理(2017.12.21公表)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000188963.pdf
2.病院への外来受診時の定額負担
3.高齢者医療確保法第14 条の診療報酬の特例の活用方策

医療ケア
.......................................
□[大阪府]呼吸器外し事件  元看護助手女性の再審開始決定 大阪高裁(2017.12.20毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20171220/k00/00e/040/325000c

【障害者虐待】 .................................☆

□障害者虐待防止学会   設立総会開かれる(2017.12.18毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20171218/k00/00m/040/085000c

【障害福祉サービス】 ........................☆

報酬改定
.......................................
○厚生労働省社会・援護局
障害福祉サービス等報酬改定検討チーム
第13回(2017.10.31)議事録
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000188817.html
 就労系サービス
第14回(2017.11.10)議事録
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000188820.html
 計画相談支援・障害児相談支援

[関連記事]
□障害者施設の昼食代 「全額自己負担案」を撤回(2017.12.19朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASKDL7SB9KDLUBQU016.html

【生活保護法】 .................................☆

保護基準
.......................................
○厚生労働省社会・援護局
社会保障審議会生活保護基準部会(駒村康平・部会長)
社会保障審議会生活保護基準部会報告書(2017.12.14公表)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000188380.pdf

[関連記事]
□[社説]生活保護減額 最低限を支えているか(2017.12.20東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017122002000161.html
□[社説]危機の社会保障 増える生活困窮者 安全網をどう維持するか 20年以内に崩壊の懸念 急場しのぎには限界(2017.12.18毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20171218/ddm/005/070/048000c?fm=mnm
□[社説]生活保護費 引き下げ方針、再考を(2017.12.16朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/DA3S13275731.html?ref=editorial_backnumber
□生活保護費   「どんどん下げられると、やっていけない」 受給額引き下げ方針で 衆議院第1議員会館で院内集会(2017.12.19毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20171220/k00/00m/040/127000c?fm=mnm
□生活保護 「負の連鎖招く」 母子加算削減に怒り・悲鳴(2017.12.19毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20171219/ddm/041/010/112000c

モデル事業
.......................................
□生活保護受給者に受診指導 糖尿病などの重症化防止 厚労省(2017.12.16時事通信)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017121600378&g=soc
.........................................................☆

☆メイル・ミニコミでは「市民福祉」にかかわる情報を紹介し、みなさんと共有していきたいと考えています。
☆友人・知人などへの非営利転送を歓迎します。引用、転載される場合、出典としてメイル・ミニコミ「市民福祉情報」を明記してください。なお、掲載媒体を送信・通知していただけると嬉しいです。
☆有料あるいは営利目的の転載は禁じます。

市民福祉情報No.944☆2017.12.22 ━━━━end