介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

市民福祉情報No.962☆2018.04.29
市民福祉情報No.962☆2018.04.29  http://haskap.net ━━━━━━━━☆

【認知症】 .......................................☆

パブリックコメント
.......................................
○厚生労働省老健局
認知症の人の日常生活・社会生活における意思決定支援ガイドライン(案)に関する意見募集について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495180007&Mode=0
募集期間:2018年4月20日~5月21日

[関連記事]
□認知症の意思決定を支援 厚労省GL案公表(2018.04.26シルバー新報)
http://www.silver-news.com/ps/qn/guest/news/showbody.cgi?CCODE=12&NCODE=3196
□認知症の人の日常生活、意思決定の支援方法は?  厚労省がガイドライン案(2018.04.23キャリアブレイン)
https://www.cbnews.jp/news/entry/20180423184936

【次期改正】 ....................................☆

利用者負担
.......................................
○財務省
財政制度等審議会財政制度分科会(榊原定征・分科会長)
2018年4月25日資料
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia300425.html
資料4.社会保障について
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia300425/04.pdf
20.介護保険の利用者負担について
 介護保険サービスの利用者負担を原則2割とするなど、段階的に引き上げていく必要。
○財務省
財政制度等審議会財政制度分科会
2018年4月11日資料
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia300411.html
資料.社会保障について
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia300411/01.pdf
5.ケアマネジメントの質の向上と利用者負担について
 保険者におけるケアプランチェックと相まってケアマネジメントの質の向上を図る観点から、居宅介護支援に利用者負担を設ける必要。

「生活援助」
.......................................
○財務省
財政制度等審議会財政制度分科会
2018年4月11日資料.社会保障について
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia300411/01.pdf
6.軽度者へのサービスの地域支援事業への移行について
 残された要介護1・2の者の生活援助サービス等の更なる地域支援事業への移行も進めていく必要。

居住費
.......................................
○財務省
財政制度等審議会財政制度分科会
2018年4月11日資料.社会保障について
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia300411/01.pdf
11.在宅と施設の公平性の確保(多床室の室料負担について)
 在宅と施設の公平性を確保する等の観点から、これらの施設の多床室の室料相当額についても基本サービス費から除外する見直しを行う必要。

ケアプランの「標準化」
.......................................
○財務省
財政制度等審議会財政制度分科会
2018年4月11日資料.社会保障について
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia300411/01.pdf
16.頻回のサービス利用についてのケアプランチェックとサービスの標準化
 国において制度施行までに、保険者によるケアプランチェックのための指針等を早急に策定・周知するとともに、今後、ケアプラン点検の実績も踏まえ、利用者の状態像に応じたサービスの利用回数や内容等についての標準化を進める必要。

「総量規制」(在宅サービス)
.......................................
○財務省
財政制度等審議会財政制度分科会
2018年4月11日資料.社会保障について
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia300411/01.pdf
17.在宅サービスについての保険者等の関与の在り方
 介護費の地域差を縮減に向けて保険者機能を強化していくことが必要であり、在宅サービスについても総量規制や公募制などのサービスの供給量を自治体がコントロールできる仕組みを導入すべき。

調整交付金(保険者インセンティブ)
.......................................
○財務省
財政制度等審議会財政制度分科会
2018年4月11日資料.社会保障について
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia300411/01.pdf
15.保険者機能強化のためのインセンティブの活用
 第8期介護保険事業計画期間の始期である平成33年度から調整交付金のインセンティブとしての活用を進めるべき。

事業者
.......................................
○財務省
財政制度等審議会財政制度分科会
2018年4月11日資料.社会保障について
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia300411/01.pdf
18.介護事業所・施設の経営の効率化について
 介護サービスの経営主体の統合・再編等を促すための施策を講じていくべき。

【地域支援事業】 ..............................☆

総合事業サービス(介護予防・日常生活支援総合事業)
.......................................
○厚生労働省政策統括官付参事官付社会統計室
介護給付費等実態調査月報(2018年2月審査分)
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00450049&tstat=000001074967&cycle=1&year=20180&month=11010302&tclass1=000001075344&tclass2=000001104095
総合事業利用者 85.1万人
 事業対象者 1.0万人
 要支援1 33.1万人
 要支援2 42.0万人
事業別利用者
 訪問型サービス 40.1万人
 通所型サービス 55.5万人
 介護予防ケアマネジメント 22.3万人

在宅医療・介護連携推進事業(包括的支援事業)
.......................................
□[静岡県]医療と介護連携強化へ 湖西に相談窓口開設(2018.04.26中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20180426/CK2018042602000023.html

[関連資料]
◇湖西市
在宅医療・介護連携推進事業
http://www.city.kosai.shizuoka.jp/12543.htm

【高齢者虐待】 .................................☆

養介護施設従事者等
.......................................
□[神奈川県]勤務先の老人ホームで入居者に暴行した疑い 多摩署が介護士を逮捕(2018.04.26神奈川新聞)
https://www.kanaloco.jp/article/327063/
□介護職員の高齢者虐待 不適切ケア、職員研修で防ぐ 虐待件数5年で3倍に 感情コントロール学ぶ 深刻な人手不足、ストレスに(2018.04.23読売新聞)
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180417-OYTET50021/

[関連資料]
○厚生労働省老健局
2016年度「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」に基づく対応状況等に関する調査結果
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000196989.html

【高齢者】 .......................................☆

ピーク
.......................................
□社会老いる2040年、差し迫る行政課題 総務省研究会が中間報告(2018.04.27朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/DA3S13469999.html?iref=pc_ss_date
□高齢化のピークを自治体は乗り切れるか 研究会が中間報告(2018.04.26NHK)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180426/k10011418311000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_004

[関連資料]
○総務省
自治体戦略2040構想研究会(清家篤・座長)
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/jichitai2040/index.html
委員名簿
http://www.soumu.go.jp/main_content/000508477.pdf
第一次報告概要
http://www.soumu.go.jp/main_content/000548065.pdf
報告(51ページ)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000548066.pdf
・65歳以上人口は、2040年頃(2042年)にピークを迎える。
・75歳以上人口はその後も2064年まで増加し続ける。
・65歳時の平均余命は延伸傾向であり、2040年には男性21.33年(86.33歳)、女性26.48年(91.48歳)となる見込み。

リウマチ
.......................................
○厚生労働省健康局
厚生科学審議会疾病対策部会リウマチ等対策委員会(宮坂信之・委員長)
第2回(2018.04.25)資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000204701.html
資料2.今後のリウマチの方向性について
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000204704.pdf
年代に応じた診療の充実について(高齢者)
 患者の高齢化が進む中、多くの合併症を有するために治療選択に制限があり、かつ加齢に伴う様々な運動器の問題により、ADL、QOLが大きく損なわれている。

[関連資料]
○厚生労働省
2016年国民生活基礎調査の概況
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa16/index.html
介護が必要となった主な原因
1.認知症 18.0%
2.脳血管疾患(脳卒中) 16.6%
3.高齢による衰弱 13.3%
4.骨折・転倒 12.1%
5.関節疾患 10.2%

【介護者】 .......................................☆

疲労
.......................................
□たまには介護の「NO」を 自分を知って、うつを回避 当たり前だから気づけない、 認知症介護における関係性(2018.04.26朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/SDI201804046284.html?iref=pc_ss_date

介護殺人
.......................................
□[静岡県]病気の母殺害、 懲役4年判決...「苦境相談せず」(2018.04.28読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180428-OYT1T50064.html

【介護労働】 ....................................☆

介護事故
.......................................
[介護の現場]
□ミス共有し事故防止 リスクマネジメント(2018.04.25読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/local/ehime/feature/CO033631/20180424-OYTAT50013.html?from=yartcl_blist
□施設と利用者 信頼作りを 訴訟リスク(2018.04.26読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/local/ehime/feature/CO033631/20180425-OYTAT50057.html?from=yartcl_blist
□高離職率 国の対策急務 人手不足 報酬改定も職員負担増(2018.04.27読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/local/ehime/feature/CO033631/20180426-OYTAT50040.html

セクシャルハラスメント
.......................................
□セクハラ被害  介護職3割 利用者・家族から 労組調査(2018.04.28毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20180428/dde/041/040/023000c
□介護職3割セクハラ被害... 「不必要に接触」半数(2018.04.28読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180428-OYT1T50034.html
□介護職も「#MeToo」 セクハラ3割経験、労組調査(2018.04.28朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASL4X334ZL4XUBQU001.html?iref=pc_ss_date
□介護職員のセクハラ経験29% 組合調査、利用者らから(2018.04.27共同通信)
https://this.kiji.is/362518112937313377?c=39546741839462401

人材確保
.......................................
□[社説]福祉担う人材の確保策 「やりがい」伝える工夫を(2018.04.27毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20180427/ddm/005/070/167000c?fm=mnm

技能実習生
.......................................
○厚生労働省
労働政策審議会人材開発分科会(小杉礼子・分科会長)
第5回(2017.03.02)議事録
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000204953.html
山田敏充・海外人材育成担当参事官:
一般管理事業として許可を受けた場合、従来の制度では最長3年間の実習ということでしたが、一定の要件の下、実習生が更に4年目、5年目の実習までできる、あるいは受入枠も一定の要件を飲むと拡大することが可能だといった形になっています。 
介護職種については一定の上乗せ要件がありますので、それもクリアした団体については、介護職種も扱える、あるいは介護専業という所も中にはありますが、そういった所が申請が252あったうち、172に既に許可をしているということです。 

東京都
.......................................
○福祉保健局
東京都介護職員キャリアパス導入促進事業
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/04/02/10.html
介護職員奨学金返済・育成支援事業
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/04/02/11.html

厚生労働省
.......................................
○政策統括官付労働政策担当参事官室
知って役立つ労働法 ~働くときに必要な基礎知識~
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudouzenpan/roudouhou/index.html

【介護保険料】 .................................☆

特別徴収(第1号介護保険料)
.......................................
○厚生労働省大臣官房総務課情報公開文書室
厚生労働省に寄せられた「国民の皆様の声」の集計報告について(2018年3月1日~31日受付分)
http://www.mhlw.go.jp/houdou_kouhou/sanka/koe_boshu/dl/180425a.pdf
内容:介護保険料の納付方法を選択制にして欲しい。市役所に話しても取り合ってくれない。
対応:市町村の保険料徴収事務の確実性・効率性の確保や、被保険者の保険料納付の利便性及び確実性の向上など、介護保険料の徴収方法が原則特別徴収とされていることの意義を説明し、ご理解いただきました。

【施設サービス】 ..............................☆

身元引受人
.......................................
□身元引受人不在で入居拒否3割 みずほ総研調査 「お一人様」に厳しい現実(2018.04.26シルバー新報)
http://www.silver-news.com/ps/qn/guest/news/showbody.cgi?CCODE=11&NCODE=545

介護事故
.......................................
□[福岡県]特養の女性死亡、 介護士2人を起訴猶予 福岡地検(2018.04.24産経新聞)
https://www.sankei.com/west/news/180424/wst1804240092-n1.html

【成年後見制度】 ..............................☆

横領
.......................................
[佐賀県]
□社会福祉士2755万円横領 後見制度を悪用 佐賀などの5人被害(2018.04.27西日本新聞)
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/411900/
□成年後見制度を悪用、横領問題 対応後手、不正防げず 県社会福祉士会(2018.04.27西日本新聞)
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/saga/article/411872/

【介護医療院】 .................................☆

転換
.......................................
□介護医療院への転換支援策で「コールセンター」設置  厚労省(2018.04.28キャリアブレイン)
https://www.cbnews.jp/news/entry/20180423121506

[関連資料]
○厚生労働省保険局
中央社会保険医療協議会
第392回総会(2018.04.25)資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000204097.html
資料2.答申附帯意見に関する事項等の検討の進め方について(案)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000204585.pdf
医療と介護の連携
 介護保険制度における介護医療院の創設等の方向性を踏まえつつ、
 ①医療と介護が適切に連携した患者が望む場所での看取りの実現、
 ②維持期・生活期のリハビリテーションの介護保険への移行等を踏まえ、切れ目のないリハビリテーションの推進、
 ③有床診療所をはじめとする地域包括ケアを担う医療機関・訪問看護ステーションと、居宅介護支援専門員や介護保険施設等の関係者・関係機関との連携の推進に資する評価の在り方について引き続き検討すること。

【介護予防】 ....................................☆

健康寿命
.......................................
○総務省
自治体戦略2040構想研究会(清家篤・座長)
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/jichitai2040/index.html
第一次報告(51ページ)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000548066.pdf
・近年の平均寿命と健康寿命の差
 (健康上の問題がある期間)は縮まっていない。

[関連記事]
□[秋田県]健康長寿・地域共生 現役世代の理解重要(2018.04.24秋田魁新聞)
http://www.sakigake.jp/news/article/20180424AK0014/

【保険者】 .......................................☆

居住支援事業
.......................................
□[東京都]住宅あっせんから家財撤去まで 品川区 高齢者の賃貸住宅居住支援 (2018.04.26シルバー新報)
http://www.silver-news.com/ps/qn/guest/news/showbody.cgi?CCODE=12&NCODE=3197

GPS(衛星測位システム)
.......................................
□[石川県]認知症 GPSが見守る 高齢者徘徊 小松市が位置情報 電話でも対応、県内初(2018.04.24中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20180424/CK2018042402000034.html

介護ロボット
.......................................
□[千葉県]千葉市が介護ロボ無料貸与 普及促進と離職に歯止め(2018.04.27産経新聞)
https://www.sankei.com/region/news/180427/rgn1804270039-n1.html

損害賠償
.......................................
□[兵庫県]認知症事故の賠償 神戸市が全国初の給付型救済制度(2018.04.23福祉新聞)
http://www.fukushishimbun.co.jp/topics/18827

将来推計
.......................................
□[鳥取県]人口、2035年には50万人割れ(2018.04.27朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASL4S3HCRL4SPUUB001.html?iref=pc_ss_date

【事業者】 .......................................☆

不正請求
.......................................
□[鹿児島県]「陽光会」理事長が交代 介護報酬不正受給の社会福祉法人(2018.04.24西日本新聞)
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/kagoshima/article/411120/

【医療保険】 ....................................☆

保険料(後期高齢者医療制度)
.......................................
□健保料率11年連続アップ、過去最高9.215%に 高齢者医療の負担が重いため(2018.04.24読売新聞)
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180424-OYTET50006/

利用者負担(後期高齢者医療制度)
.......................................
□財政審  75歳以上の医療費負担 「2割に引き上げ」提案 現役世代の負担増抑制へ 負担増に高齢者からは反発も (2018.04.25毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20180426/k00/00m/020/090000c?fm=mnm
□75歳以上の医療費、2割へ引き上げ案、財政審が提示(2018.04.25産経新聞)
https://www.sankei.com/politics/news/180425/plt1804250026-n1.html
□75歳以上の医療費自己負担2割に引き上げを 財務省(2018.04.25NHK)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180425/k10011417131000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_005
□75歳医療費で2割負担案 財務省が審議会に提示(2018.04.25時事通信)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018042500852&g=eco

[関連資料]
○財務省
財政制度等審議会財政制度分科会
2018年4月25日資料
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia300425.html
資料4.社会保障について
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia300425/04.pdf
改革の方向性(案)
○後期高齢数や医療費が毎年増加し、これを支える現役世代の保険料や税の負担が重くなっていく中、世代間の公平性や制度の持続可能性を確保していく観点から、まずは75歳以上の後期高齢者の自己負担について2割負担とすべき。
○その際、現在70歳~74歳について段階的に実施している自己負担割合の2割への引き上げと同様に、75歳到達後も自己負担割合を2割のままとすることに加えて、すでに後期⾼齢者となっている者についても、数年かけて段階的に2割負担に引き上げるべき。

[参考資料]
○厚生労働省保険局
2017年度後期高齢者医療制度被保険者実態調査
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&tstat=000001044907&cycle=0&tclass1=000001044908&tclass2=000001113558&second2=1
被保険者
 65~74歳 32.4万人
 75歳以上 1,666.5万人
 平均年齢 82.4歳
所得種類別被保険者(基礎控除前)
 所得あり 47.5%
 所得なし 52.2%
1人当たり所得額(2016年1~12月)
 合計 84.0万円
 所得あり 176.4万円
1人当たり保険料調定額(2017年度)
 合計 70,075円
 所得あり 129,622円
 所得なし 15,913円

保険者(後期高齢者医療制度)
.......................................
□健保組合  23%で解散の恐れ 高齢者分の負担増大(2018.04.23毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20180424/k00/00m/040/104000c

終末期
.......................................
□日本の終末期医療で本人より家族の意思が優先されてきた理由 厚労省が11年ぶりに「終末期医療の考え方」を改定 本人が望む終末期医療を阻害する「家族たち」  「自然な死に方」よりも"最高の医療"(2018.04.25ダイヤモンドオンライン)
http://diamond.jp/articles/-/168502
□看取りの4割、2-3カ月前に「予期しなかった」  みずほ情報総研、エンドオブライフ調査(2018.04.23キャリアブレイン)
https://www.cbnews.jp/news/entry/20180423194104

緩和ケア
.......................................
○厚生労働省健康局
がん等における緩和ケアの更なる推進に関する検討会(福井次矢・座長)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-kenkou.html?tid=355813
循環器疾患の患者に対する緩和ケア提供体制のあり方に関わるワーキンググループ(木原康樹・座長)
報告書(2018.04.26公表)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000204785.html

【障害者虐待】 .................................☆

 障害者福祉施設従事者等
 .......................................
□[福岡県]久留米 障害者支援事業所で性的虐待
 市が運営会社指導
 (2018.04.25毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20180426/k00/00m/040/148000c?fm=mnm
□[兵庫県]「私はうそつきです」障害者の首に
 姫路市が施設を処分
 (2018.04.22朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASL4P7KKRL4PUBQU00P.html?iref=pc_ss_date

養護者
.......................................
□[兵庫県]長男監禁容疑の父 「数年前にも妻と親族が市に相談」(2018.04.27朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASL4W3F1YL4WPIHB009.html?iref=pc_ss_date
□相次ぐ精神障害者の監禁事件 家族会が医療アクセス改善求める(2018.04.24福祉新聞)
http://www.fukushishimbun.co.jp/topics/18834

[関連資料]
◇公益社団法人全国精神保健福祉会連合会(本條義和・理事長)
https://seishinhoken.jp/
おおくの家族が心配事や困難を抱え、精神的に問題を抱えている ― 大阪・兵庫の現代版私宅監置とも言える相継ぐ事件は、他人事では決してない!
(2018.04.13公表)
https://seishinhoken.jp/proposals/5dec6687ebd2adaf0fe0166e7d830a0a23fc630d

【障害者差別解消法】 ........................☆

旧優生保護法
 .......................................
□強制不妊手術  一斉提訴、来月17日 ...仙台、東京、札幌で(2018.04.25毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20180426/k00/00m/040/082000c?fm=mnm
□強制不妊手術、調査対象を全市町村などに拡大 厚労省(2018.04.24朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASL4R4TWPL4RUTFK015.html?iref=pc_ss_date
□強制手術以外も調査 厚労省(2018.04.23毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20180424/k00/00m/040/078000c
[北海道]
□強制不妊、不服門前払い 道、国の再審査阻む 65年(2018.04.29毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20180429/ddm/001/040/191000c?fm=mnm
□強制不妊、医師は語る 51年前女性手術「今なら許されぬ」(2018.04.22朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/DA3S13462462.html?ref=nmail_20180422mo

【障害福祉サービス】 ........................☆

報酬改定
.......................................
◇きょうされん(西村直・理事長)
障害福祉サービス等報酬改定の影響調査の報告書
(2018.04.23公表)
http://www.kyosaren.or.jp/investigation/5844/
影響実態の把握と大幅な減収に対する経過措置を
http://www.kyosaren.or.jp/wp-content/uploads/2018/04/f9599ddec660f90ffc040662cb789bbe.pdf
・就労継続支援 B型事業所の7割が減収見込み
・就労移行支援 38カ所中19カ所が100万円以上の減収見込み
・送迎加算 事業所の7割が減収見込み
・グループホーム 事業所の7割が減収見込み

[関連記事]
□障害福祉施設   「就労継続支援B型事業」7割が減収(2018.04.23毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20180424/k00/00m/040/071000c

【生活保護】 ....................................☆

改正
.......................................
□生活保護法改正案   衆院厚労委で可決 野党は欠席(2018.04.25毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20180425/k00/00e/010/257000c?fm=mnm

[関連資料]
○厚生労働省
第196回国会(常会)提出法律案
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/196.html
生活困窮者等の自立を促進するための生活困窮者自立支援法等の一部を改正する法律案(2018年2月9日提出)

福祉事務所
.......................................
□生活保護の恐ろしい未来図、 民間への外注で起きかねないカオスとは
生活保護法再改正案成立で 福祉事務所の外注は可能か
(2018.04.27ダイヤモンドオンライン)
http://diamond.jp/articles/-/168775
介護保険制度の発足で問題化したサービス劣化
http://diamond.jp/articles/-/168775?page=2
財源と決定権は行政に責任と困難は民間に?
http://diamond.jp/articles/-/168775?page=3
生活保護業務の外注がもたらすディストピア
http://diamond.jp/articles/-/168775?page=5

【社会保障】 ....................................☆

「内政上の危機」
.......................................
○総務省
自治体戦略2040構想研究会(清家篤・座長)
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/jichitai2040/index.html
第一次報告(51ページ)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000548066.pdf
・これまでの地方の高齢化に対しては、東京圏等における経済活動と税収が、地方の医療・介護サービス等の増加を支えてきた側面もある。しかしながら、今後の東京圏等の高齢化はどうやって支えればよいのだろうか。
・地域や家族のつながりを頼りにすることが難しい中、地方から東京圏への医療・介護人材の流入を防ごうとするならば、東京圏内で元気な高齢者が支援を必要とする高齢者の支え手にまわる仕組みの構築が必要ではないか。
・今後、高齢化した東京圏が、地方圏から吸収している人材や資金を自らの医療・介護に充てなければならなくなったとき、地方圏の経済や行政サービスを誰が支えていけばよいのだろうか。
.........................................................☆
☆市民福祉情報オフィス・ハスカップは
ハスカップ・レポート2016-2018『まだ変わる! 介護保険』をまとめました。
1部1000円(送料込み)でお申し込みができます。
みなさんのご注文をお待ちしています!
http://haskap.net/2018/02/201802102016-2018.html
.........................................................☆

☆メイル・ミニコミでは「市民福祉」にかかわる情報を紹介し、みなさんと共有していきたいと考えています。
☆友人・知人などへの非営利転送を歓迎します。引用、転載される場合、出典としてメイル・ミニコミ「市民福祉情報」を明記してください。なお、掲載媒体を送信・通知していただけると嬉しいです。
☆有料あるいは営利目的の転載は禁じます。

市民福祉情報No.962☆2018.04.29 ━━━━end