介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

市民福祉情報No.1021☆2019.09.01
市民福祉情報No.1021☆2019.09.01  http://haskap.net ━━━━━━━━☆

【2020年改正】 .................................☆

「給付と負担」
.......................................
○厚生労働省老健局
社会保障審議会介護保険部会(遠藤久夫・部会長)
1.被保険者・ 保険者・ 受給者範囲
2.補足給付に関するの在り方
3.多床室の料負担
4.ケアマネジメントに関する給付の在り方
5.軽度者への生活援助サービス等に関する給付の在り方
6.高額介護サービス費
7.「現役並み所得」、「一定以上所得」の判断基準
8.現金給付
※軽度者=要介護1、2の認定者

[関連記事]

[社説]

[関連資料]
○厚生労働省老健局
サービス受給者数
 2016年度 560万人
 2017年度 553万人
 対前年度 △7万人(1.3%減)
保険給付
 費用額 10兆2,188億円(対前年度2.3%増)
 給付費 9兆4,443億円(対前年度2.3%増)
第1号被保険者1人あたり給付費
 21.7万円(対前年度0.9%増)

[参考記事]

[参考資料]
○厚生労働省

「人材確保」
.......................................
○厚生労働省老健局
社会保障審議会介護保険部会(遠藤久夫・部会長)

[関連記事]

一般介護予防事業
(地域支援事業-介護予防・日常生活支援総合事業)
.......................................
○厚生労働省老健局
中間取りまとめ(2019.08.23公表)
一般介護予防事業の財源構成
 第1号保険料 23%
 第2号保険料 27%
 国 25%
 都道府県 12.5%
 市町村 12.5%
○厚生労働省老健局

[関連記事]

[関連資料]
○厚生労働省老健局
介護予防ワーキンググループ
介護予防に関する目標案
 1.高齢者人口の8%について、通いの場への参加を目指します。
 2.地域支援事業など地域づくりに取り組むに当たり、
  地域の様々な組織や企業など多様な主体と連携します。
 3.地域ケア会議の開催や、
  保健事業と介護予防を一体的に行うこと等を通じ、
  地域の多様な専門職と連携して、
  地域課題の解決に取り組みます。

「地域包括ケアシステムの推進」
.......................................
○厚生労働省老健局
社会保障審議会介護保険部会(遠藤久夫・部会長)

「文書削減」
.......................................
○厚生労働省老健局
社会保障審議会介護保険部会(遠藤久夫・部会長)
・2020年代初頭「行政が求める帳票等の文書量の半減」を実現
・年内中間取りまとめ→介護保険部会への報告

「地域共生社会」
.......................................
○厚生労働省老健局
社会保障審議会介護保険部会(遠藤久夫・部会長)
資料3.「地域共生社会に向けた包括的支援と多様な参加・協働の推進に関する検討会」(地域共生社会推進検討会)

[関連記事]

【介護労働】 ....................................☆

実態調査
.......................................
◇公益財団法人介護労働安定センター
(樋口冨雄・会長)

[関連記事]
□[長野県]県内 介護離職率1.1ポイント減 18年度 処遇改善要因か(2019.08.29信濃毎日新聞)

修学金
.......................................

「副業・兼業」
.......................................
○厚生労働省労働基準局
報告書(2019.08.08公表)

[参考資料]
○厚生労働省年金局

特定技能「介護」
.......................................

技能実習生
.......................................
○厚生労働省労働基準局
~監督指導を行った実習実施者のうち、労働基準関係法令違反が認められたのは70.4%~
(2019.08.08公表)

【介護報酬】 ....................................☆

「検証・研究」
.......................................
○厚生労働省老健局
介護報酬改定検証・研究委員会(松田晋哉・委員長)

【厚生労働省】 .................................☆

国際生活機能分類
.......................................
○厚生労働省
社会保障審議会統計分科会
生活機能分類専門委員会
生活機能分類普及推進検討ワーキンググループ(向野雅彦・座長)

【保険者】 .......................................☆

「有償ボランティア」
.......................................
□[宮城県]お年寄りの心に寄り添う 市民ボランティアを養成(2019.08.25河北新報)

任意事業(地域支援事業)
.......................................
□[青森県]認知症見守り事業、登録拡大が課題(2019.08.21東奥日報)

消費税転嫁対策特別措置法
.......................................

[関連資料]
○仙台市健康福祉局

【事業者】 .......................................☆

死亡事故
.......................................
[長野県]

「置き去り」
.......................................

有料老人ホーム
.......................................

不正受給
.......................................
□[鹿児島県]介護給付不正受給 鹿屋の事業所、指定取り消し(2019.08.27朝日新聞)

成長戦略
.......................................

【年金保険】 ....................................☆

収支決算
.......................................
○厚生労働省年金局
厚生年金
 歳入 47兆9,827億円(前年度比 △287億円)
 歳出 47兆3,863億円(前年度比 +9,630億円)
 歳入歳出差 △9,917億円
国民年金
 歳入 3兆9,330億円(前年度比 △2,410億円)
 歳出 3兆8,130億円(前年度比 △3,477億円)
 歳入歳出差 1,066億円
決算結了後の年金積立金(簿価ベース)
 厚生年金 112兆5,431億円
 国民年金 7兆4,436億円
 合計 119兆9,867億円

財政検証
.......................................
○厚生労働省年金局
将来の公的年金の財政見通し(財政検証)

[関連記事]

[社説]

[関連資料]
○厚生労働省年金局
社会保障審議会年金部会(神野直彦・部会長)

[参考資料]
○厚生労働省

【社会保障】 ....................................☆

世論調査
.......................................
○内閣府大臣官房政府広報室

[関連記事]

概算要求
.......................................
○厚生労働省
2019年度予算額 31兆9,641億円
2020年度要求額 32兆6,234億円
増額 +6,593億円

[関連記事]

婦人保護事業
.......................................
○厚生労働省子ども家庭局

児童扶養手当
.......................................
.........................................................☆

☆メイル・ミニコミでは「市民福祉」にかかわる情報を紹介し、みなさんと共有していきたいと考えています。
☆友人・知人などへの非営利転送を歓迎します。
引用、転載される場合、出典としてメイル・ミニコミ「市民福祉情報」を明記してください。
☆有料あるいは営利目的の転載は禁じます。

市民福祉情報No.1021☆2019.09.01 ━━━━end