介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

2020.01.29~31 電話相談「介護保険ホットライン2020」を開設します!
電話相談「介護保険ホットライン2020」を開設します!

2020年1月29日(水)・30日(木)・31日(金)
毎日午前10時から午後6時
電話番号 03-5261-8001

「介護のある暮らし」はどうなっていますか?
介護保険制度は、2000年度からサービスがはじまって20年が過ぎましたが、複雑な見直しが繰り返されています。
要支援認定(要支援1と2)の人がもっとも利用しているホームヘルプ・サービスとデイサービスは給付からはずされて、市区町村が実施する事業に移りました。
今度は要介護1と2の人を「軽度者」と呼び、利用する「生活援助サービス等」の見直しが検討されています。
最初は所得にかかわらず1割と言われた自己負担(利用料)は、「一定以上の所得」がある人は2割、医療保険の「現役並み所得」がある人は3割に引き上げになりました。
今回は、「所得」の基準の見直しとともに、ケアマネジメントの有料化、高額介護サービス費の見直し、施設サービスの食費・居住費への補足給付のさらなる厳格化などによる負担増のプランが出ています。
介護が必要になったときの「保険」として介護保険料を払っているのに、認定を受けた人や利用している人の実態調査もなく、どうしてこのような見直しが続くのでしょうか?

どうぞ、悩みやご意見をお寄せください!
介護保険ホットライン企画委員会は、2006年から電話相談を開設してきました。
利用する人、介護する人、介護現場で働く人にとって厳しい見直しが続くなか、「介護のある暮らし」はどうなっているのか、多くの声を集めようと思っています。
寄せられる相談に、方程式のような答えはありません。
しかし、ボランティアの相談スタッフとともに、悩みに耳を傾け、調べられることはお知らせし、解決できない課題は報告書にまとめ、国会や厚生労働省に提言するなど、多くのみなさんと共有していきたいと考えています。

お電話をお待ちしています!!
また、電話相談の企画を多くのみなさんにお知らせください!!

介護保険ホットライン企画委員会(共同代表:小竹雅子、小島美里、林洋子)
協力:介護労働ホットライン実行委員会
後援:東京ボランティア・市民活動センター