介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

市民福祉情報No.1073☆2020.09.07
市民福祉情報No.1073☆2020.09.07 http://haskap.net ━━━━━━━━☆

厚生労働省が省令改正について、9月23日までパブリック・コメントを募集しています。
省令改正の内容は、要支援認定を受けた人が要介護認定になり、ホームヘルプ・サービスとデイサービスの給付を受けることが可能になっても、市区町村の判断で給付に移さず、総合事業に留めていいというものです。
また、7月31日の全国課長会議資料では、要介護認定の人が給付ではなく、総合事業を利用してもいいとしています。
在宅サービスでもっとも利用されているホームヘルプ・サービスとデイサービスが、これまで以上に給付を制限されようとしています。
ぜひ、みなさん、ご意見を出してください!
(市民福祉情報オフィス・ハスカップ 小竹雅子)

○電子政府の総合窓口
募集期間:2020年8月25日~9月23日
(1)第1号事業に関する見直し
 1.第1号事業の対象者の弾力化
[改正の概要]
〇第1号事業 について、要介護者であっても、本人の希望を踏まえて地域とつながを継続することを可能とする観点から、市町村が認めた場合には、要介護者であっても第1号事業を受けられることとする。
[施行期日]
公布日:2020年10月中旬(予定)
施行日:2021年4月1日
※ハスカップ注:
第1号事業(通称・総合事業サービス)
 第1号訪問事業(通称・訪問型サービス)
 第1号通所事業(通称・通所型サービス)
「第1号事業の対象者」(2020年3月審査分)
 要支援認定者(要支援1と2) 83.8万人
 事業対象者 11.1万人
 合計 95.1万人

[関連資料]
○厚生労働省老健局
社会保障審議会介護保険部会(遠藤久夫・部会長)
1.介護予防・健康づくりの推進-1-2.総合事業
 現在、総合事業の対象者が要支援等に限定されており、要介護認定を受けると、それまで利用していた総合事業のサービスの利用が継続できなくなる点について、本人希望を踏まえて地域とのつながりを継続する観点から、介護保険の給付を受けられることを前提としつつ、弾力化を行うことが重要である。
○厚生労働省老健局
総合事業の対象者の弾力化(要介護認定を受けた者)
 総合事業のサービスのうち、介護予防・生活支援サービス事業(第1号事業)の対象者については、要支援者及び基本チェックリスト該当者(要支援者等)となっているが、意見書を踏まえ、所要の見直しを行うこととする。
 具体的には、要支援者等に加えて、市町村の判断により、要介護者についても、介護予防・生活支援サービス事業の対象とすることを可能とする。
 なお、要介護者が介護予防・生活支援サービス事業を利用する場合についても、現行の要支援者等と同様の取扱いとする。

[関連記事]

[参考資料]
○厚生労働省政策統括官付参事官付社会統計室
総合事業サービス受給者(95.1万人)
 要支援1 36.3万人
 要支援2 47.5万人
 事業対象者 11.1万人
介護サービス受給者(438.6万人)
 訪問介護 111.0万人
 通所介護 117.3万人
 地域密着型通所介護 41.8万人

【介護報酬】 .................................☆

「主な意見」
.......................................
○厚生労働省老健局
社会保障審議会介護給付費分科会(田中滋・分科会長)
資料1.今後の進め方(案)
資料2.これまでの主な意見
資料3.感染症や災害への対応力強化
資料4.地域包括ケアシステムの推進

[関連記事]

[参考資料]
○厚生労働省老健局
認定者 670.3万人(1月比+2.9万人)
利用者
 在宅サービス 383.7万人(1月比-5.2万人)
 地域密着型サービス 84.4万人(1月比-4.5万人)
 施設サービス 95.4万人(1月比+0.2万人)
給付費
 在宅サービス 3,817億円(1月比-152億円)
 地域密着型サービス 1,325億円(1月比-22億円)
 施設サービス 2,565億円(1月比±0)

老人保健施設
.......................................

[関連資料]
○厚生労働省老健局
施設類型(P.21)
 加算型 34.5%
 基本型 32.0%
 超強化型 20.6%
 在宅強化型 8.9%
退所者の状況(P.13)
 医療機関 36.6%
 家庭 33.1%
 死亡 12.0%

福祉用具
.......................................
○厚生労働省老健局

【利用料】 .......................................☆

「特例措置」
.......................................
[長野県]

【高齢者】 .......................................☆

新型コロナウイルス
.......................................

[関連資料]
◇一般社団法人日本老年学的評価研究機構(近藤克則・代表理事)

熱中症
.......................................

被災地
.......................................

「生涯現役社会」
.......................................
○厚生労働省

【高齢者虐待】 .................................☆

養介護施設従事者等
.......................................

「特殊詐欺」
.......................................
□[北海道]札幌・東区の女性 100万円だまし取られる(2020.09.05北海道新聞)

【介護者】 .......................................☆

「負担軽減」
.......................................
[兵庫県]

感染対策
.......................................
[兵庫県]
[岩手県]

死体遺棄容疑
.......................................
[北海道]
□遺体は容疑者の母 旭川死体遺棄事件(2020.09.03北海道新聞)

【介護労働】 ....................................☆

慰労金(緊急包括支援交付金)
.......................................

[参考記事]

修学旅行
.......................................

「やりがい搾取」
.......................................

【介護予防】 ....................................☆

「フレイル健診」
.......................................

[地域支援事業] ..............................☆

一般介護予防事業
(地域支援事業-介護予防・日常生活支援総合事業)
.......................................

在宅医療・介護連携推進事業
(地域支援事業-包括的支援事業)
.......................................
○厚生労働省老健局

[関連記事]

【特別養護老人ホーム】 .....................☆

無罪
.......................................

【新型コロナウイルス】 .....................☆

感染
.......................................
[群馬県]
[茨城県]
[三重県]
[滋賀県]
特養入所者死亡 新たに2人感染(2020.09.02毎日新聞)
[熊本県]

PCR検査
.......................................
[東京都]
[長野県]
[和歌山県]
[秋田県]

対策
.......................................

差別
.......................................

[社説]

[関連記事]

[関連資料]
○内閣官房
偏見・差別とプライバシーに関するワーキンググループ(中山ひとみ・座長)

【厚生労働省】 .................................☆

「布マスク」
.......................................

[関連記事]

第二次安倍政権
.......................................
○広報室
待機児童ゼロ、介護離職ゼロ、働き方改革、そして全世代型社会保障、これは私自身も担当大臣等として深く関わってきたところであります。
残念ながら待機児童も今の段階ではゼロに至っていません。
介護離職についても介護しながら働いている方も増えてきておりますが、一方で離職をされている方々もおられます。
また介護の現場において働く方々の確保も大変、これは保育所等も一緒でありますけれども、なかなか難しいという状況がある。

【保険者】 .......................................☆

独自サービス
.......................................
□[群馬県]好調「介護SOS」 訪問件数、3年で2倍以上(2020.09.03シルバー新報)

[関連資料]
○群馬県高崎市

「権利擁護センター」
.......................................

【事業者】 .......................................☆

売上高
.......................................
○総務省統計局
売上高前年同期比
 医療、福祉 -8.8
  医療業 -11.2
  保健・衛生 -35.5
  社会保険・社会福祉・介護事業 -1.3

被災地
.......................................

不正受給
.......................................

【医療保険】 ....................................☆

医療費
.......................................

[関連資料]
○厚生労働省保険局
 医療費 43.6兆円(前年度比 約1兆円増)

「オンライン診療」
.......................................

【障害者差別】 .................................☆

補助犬
.......................................

【障害者虐待】 .................................☆

精神科病院
.......................................

[関連記事]

【障害福祉サービス】 ........................☆

報酬改定
.......................................
○厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部

「大規模入所施設」
.......................................
[千葉県]

[関連資料]
○千葉県健康福祉部

移動支援
.......................................

殺人事件
.......................................

詐欺罪
.......................................

【生活保護】 ....................................☆

減額
.......................................

申請
.......................................
6月の生活保護申請減少 1万7千件(2020.09.02共同通信)

[沖縄県]
.........................................................☆
☆「市民福祉情報」は、市民福祉情報オフィス・ハスカップが、介護保険制度を中心に審議会情報や報道記事などを無料配信しているメールマガジンです。
☆バックナンバーは、市民福祉情報オフィス・ハスカップのホームページで閲覧できます。
☆配信を希望される方は連絡用メールフォームからお知らせください。
☆友人・知人などへの非営利転送を歓迎します。
☆有料あるいは営利目的の転載は禁じます。

市民福祉情報No.1073☆2020.09.07 ━━━━end