介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

市民福祉情報No.1089☆2020.12.28
市民福祉情報No.1089☆2020.12.28 http://haskap.net ━━━━━━━━☆

【パブリック・コメント】 ...............☆

運営基準の改正(案)
.......................................
○パブリックコメント
案件番号495200335
募集期間:2020年12月10日~2021年1月8日23時

【介護報酬】 .................................☆

「審議報告」
.......................................
○厚生労働省老健局
社会保障審議会介護給付費分科会(田中滋・分科会長)

[関連資料]
○厚生労働省
安心で質の高い介護サービスの確保(P.32)
 補正予算 148億円
 当初予算 3兆4,325億円
○厚生労働省
社会保障関係費
 年金 12.6兆円(38.5%)
 医療 12.1兆円(36.8%)
 介護 3.5兆円(10.6%)
 福祉等 4.5兆円(13.7%)
 雇用 0.3%(0.3%)

[参考資料]
○厚生労働省政策統括官付参事官付社会統計室
受給者
 介護予防サービス 80.7万人
  在宅サービス 78.8万人
  地域密着型サービス 1.4万人
 介護サービス 445.0万人
  在宅サービス 317.8万人
  地域密着型サービス 88.0万人
  施設サービス 96.0万人
 総合事業サービス 90.7万人(事業対象者10.5万人を含む)
  訪問型サービス 40.2万人
  通所型サービス 60.1万人
受給者(ケアマネジメント)
 介護予防支援 72.9万人
 居宅介護支援 276.6万人
 介護予防ケアマネジメント(総合事業サービス) 45.3万人
○厚生労働省老健局
認定者 678.2万人
 1割負担 618.6万人
 2割負担 33.7万人
 3割負担 25.9万人

【高齢者】 ....................................☆

意識調査
.......................................
○厚生労働省政策統括官付政策立案・評価担当参事官室
[65歳以上]
老後生活における子どもとの同・別居
 配偶者がいなくなったら同居したい 35.1%
 同居したい 20.5%
 別居したい 10.5%
年をとって生活したいと思う場所
(配偶者がいなくなり1人となった場合)
 住み続けた自宅(子どもの家への転居を含む) 62.8%
(介護を必要とする状態となった場合)
 特別養護老人ホームなどの施設 26.0%
 住み続けた自宅(子どもの家への転居を含む) 15.8%
 医療機能と生活施設の機能を兼ね備えた介護医療院 14.9%
(人生の最後をむかえるとき)
 病院などの医療機関 28.7%
 住み続けた自宅(子どもの家への転居を含む) 25.3%
 わからない 17.0%
自宅で介護される場合の希望
 ホームヘルパーなど外部の者の介護を中心とし、
 あわせて家族による介護を受けたい 32.4%
 家族の介護を中心とし、
 ホームヘルパーなどの外部の者も利用したい 27.7%
 わからない 15.3%
今後増えて欲しいと思う介護関係の事業所・施設
 訪問介護・看護サービスや
 リハビリテーションを提供する事業所 41.9%
 自宅から通い、デイサービスや
 リハビリテーションを提供する事業所 36.3%
 医療機能と生活施設の機能を兼ね備えた介護医療院 35.0%
役立っていると考える社会保障の分野
 年金 67.2%
 高齢者医療や介護 52.4%
 医療保険・医療供給体制など 45.1%
税や社会保険料の負担
 生活にはあまり影響しないが負担感がある 50.1%
 生活が苦しくなるほど重い 35.7%

[参考記事]

【高齢者虐待】 ..............................☆

調査
.......................................
○厚生労働省老健局
[養護者によるもの]
 相談・通報  34,057件(前年比 1,826件増)
 虐待判断  16,928件(前年比 321件減)
[養介護施設従事者等によるもの]
 相談・通報 2,267件(前年比 80件増)
 虐待判断 644件(前年比 23件増)
[養護者によるもの]
被虐待者 17,427人
 女性 75.2%
 要介護3未満 62.4%
 認知症日常生活自立度Ⅱ以上 72.7%
 日常生活自立度(寝たきり度)A以上 70.1%
虐待を行った養護者
 息子 40.2%
 夫 21.3%
 娘 17.8%
[養介護施設従事者等によるもの]
被虐待者 1,060人
 女性 69.9%
 要介護3以上 75.8%
 認知症日常生活自立度Ⅱ以上 75.8%
 日常生活自立度(寝たきり度)A以上 57.5%
施設・事業所の種別
 特別養護老人ホーム 29.5%
 有料老人ホーム 27.6%
 認知症グループホーム 14.8%
 老人保健施設 11.2%

[関連記事]
介護職の虐待、「密室化」に懸念(2020.12.27朝日新聞)

[富山県]
[三重県]
[兵庫県]
[山口県]
[高知県]
[佐賀県]

サービス付き高齢者向け住宅
.......................................

【介護者】 ....................................☆

介護殺人
.......................................
[宮城県]
[福井県]

無国籍
.......................................

「ダブルケア」
.......................................

【介護労働】 .................................☆

雇用対策
.......................................
○厚生労働省職業安定局
労働政策審議会職業安定分科会雇用対策基本問題部会(阿部正浩・部会長)
介護職員の現状
・介護職員は正規職員の割合が多いが、訪問介護員は非正規職員の割合が非常に高い。
・職種や就業形態に関わらず女性の比率が高い。
・平均賃金の水準は、産業計と比較して低い傾向にある。
従業員の過不足の状況
・特に訪問介護員の人手不足感が強い。
・段階としては採用段階での人手不足感が強い。
現在の仕事の満足度
 「仕事の内容・やりがい」に対する満足度は高いが、「賃金」に対する満足度は低い。
有効求人倍率(2020年10月) 平均3.86倍
 東京都 6.43倍
 奈良県 5.28倍
 岐阜県 5.18倍

「感染症対策力向上」
.......................................
○厚生労働省

「高年齢労働者」
.......................................
◇公益財団法人介護労働安定センター
結果報告書(佐藤博樹・座長)
高年齢労働者(60歳以上)
 平均年齢
  訪問介護員 65.3歳
  介護職員 64.3歳
 訪問介護員
  男性 5.3%
  女性 94.5%
 介護職員
  男性 13.0%
  女性 86.8%
 通常月の税込み平均月収
  訪問介護員 117,019円
  介護職員 146,427円
 賞与の仕組みはない
  訪問介護員 61.2%
  介護職員 42.5%

「人材確保」
.......................................

人材紹介会社
.......................................

【有料老人ホーム】 ........................☆

「調査の概況」
.......................................
○厚生労働省政策統括官付参事官付社会統計室
有料老人ホーム(サービス付き高齢者向け住宅以外) 1万5,134施設
 定員 57万6,116人
 在所者 49万6,771人
 在所率 87.2%
 常勤換算介護職員 12万4,105人

【老人保健施設】 ...........................☆

損害賠償訴訟
.......................................
[岐阜県]
□介護施設「それいゆ」の5人死傷 地裁が遺族の訴え棄却
(2020.12.21朝日新聞)

【厚生労働省】 ..............................☆

消費税増収分
.......................................
2021年度消費税増収分の内訳
公費ベース 13.4兆円
 基礎年金国庫負担割合2分の1 3.4兆円
 社会保障の充実 3.89兆円
 消費税率引上げに伴う社会保障4経費の増 0.63兆円
 後代への負担のつけ回しの軽減 5.1兆円

「回復高齢者」
.......................................

【事業者】 ....................................☆

社会福祉法人
.......................................
◇独立行政法人福祉医療機構(中村裕一・理事長)
(2020.12.25公表)

【新型コロナウイルス】 ..................☆

「発生状況」
.......................................
○厚生労働省
新型コロナウイルス感染症に関する報道発表資料(発生状況、国内の患者発生、空港検疫事例)
 
感染
.......................................
[青森県]
[群馬県]
[千葉県]
[埼玉県]
[東京都]
[神奈川県]
[岐阜県]
[京都府]
[大阪府]
[奈良県]
[兵庫県]
[長崎県]
[熊本県]
[宮崎県]
[沖縄県]

PCR検査
.......................................
[栃木県]
佐野市で無料抗原検査を実施(2020.12.22東京新聞)
[三重県]

要請
.......................................
[佐賀県]
[長崎県]

差別
.......................................
[北海道]

雇用政策
.......................................
○厚生労働省職業安定局
雇用政策研究会(樋口美雄・座長)

看護師
.......................................

ワクチン
.......................................
○厚生労働省健康局
第50回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会
2020年第9回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会

[関連記事]

【医療保険】 .................................☆

2割負担
(後期高齢者医療制度)
.......................................
○厚生労働省
社会保障審議会医療保険部会(遠藤久夫・部会長)
議論の整理(28ページ)
1.全ての世代の安心の構築ための給付と負担の見直し(後期高齢者の窓口負担の在り方)

【障害者虐待】 ..............................☆

[社説]

【障害者雇用促進法】 .....................☆

ハンセン病元患者家族に対する補償金の支給等に関する法律
.......................................
○厚生労働省健康局

【障害福祉サービス】 .....................☆

放課後等デイサービス
.......................................

【生活保護】 .................................☆

○厚生労働省

[参考記事]

【社会保障】 .................................☆

意識調査
.......................................
○厚生労働省政策統括官付政策立案・評価担当参事官室
報告書(62ページ)
老後生活と社会保障(年金、医療、福祉など)の関係
 足りない部分は社会保障で 53.8%
 なるべく社会保障で 22.2%
役立っていると考える社会保障の分野
 年金 51.9%
 医療保険・医療供給体制など 42.8%
 高齢者医療や介護 42.1%
今後充実させる必要があると考える社会保障の分野
 年金 52.0%
 高齢者医療や介護 44.6%
 子ども・子育て支援 35.1%
効率化すべきと考える社会保障
 高齢者医療や介護 32.5%
 年金 27.3%
 医療保険・医療供給体制など 26.9%
税や社会保険料の負担
 生活にはあまり影響しないが負担感がある 52.7%
 生活が苦しくなるほど重い 35.5%
社会保障の給付と負担の関係
 給付水準を維持し、負担増はやむを得ない 26.8%
 わからない 22.3%
 ある程度の給付水準の引き下げ、及び負担増もやむを得ない 16.8%

自殺対策
.......................................
○厚生労働省社会・援護局

国民生活基礎調査
.......................................
○厚生労働省

2021年度予算
.......................................
○財務省

[関連記事]
.........................................................☆
☆「市民福祉情報」は、市民福祉情報オフィス・ハスカップが、介護保険制度を中心に審議会情報や報道記事などを無料配信しているメールマガジンです。
☆バックナンバーは、市民福祉情報オフィス・ハスカップのホームページで閲覧できます。
☆配信を希望される方は連絡用メールフォームからお知らせください。
☆友人・知人などへの非営利転送を歓迎します。
☆有料あるいは営利目的の転載は禁じます。

市民福祉情報No.1089☆2020.12.28 ━━━━end