介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

2021.02.09 国会集会2021「どうなっているの? 介護保険」
国会集会2021「どうなっているの? 介護保険」

2021年2月9日(火)15時30分~17時30分
衆議院 第一議員会館 大会議室
東京都千代田区永田町1-7-1
交通 東京メトロ有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」1番出口より徒歩5分
東京メトロ丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」1番出口より徒歩3分
資料代 1000円

介護保険の20年、そして2021年
発言者(予定)
 保険者は ... 鏡 諭 さん(淑徳大学教授)
 在宅サービスは ... 服部 万里子 さん(NPO法人渋谷介護サポートセンター)
 介護労働者は ... 村上 久美子 さん(UAゼンセン日本介護クラフトユニオン副会長)
 介護者は ... 鈴木 森夫 さん(公益社団法人認知症の人と家族の会代表理事)

参加方法
2月9日(火)は15時10分(開会20分前)から15時30分まで、衆議院第一議員会館1階ロビーで通行証をお渡しします。
参加する方は連絡用メールフォームに、お名前、参加人数、連絡先をご記入のうえ、送信してください。
会場の都合により先着100人で締め切らせていただきます。
[連絡用メールフォーム]
http://haskap.net/cgi-bin/seminar/index.cgi

注意事項
お申し込み後、特に事前連絡はさしあげませんので2月9日当日、直接、衆議院第一議員会館においでいただき、荷物チェックを受けて1階ロビーで通行証をお受け取りください。
新型コロナウイルス対策のため、会場の座席はひとりおきに着席していだたきます。
なお、感染状況により中止する場合は、2月8日までに連絡しますので、ご了承ください。

参加の呼びかけ
 新型コロナウイルス感染症が拡大するなか、昨年はデイサービスやショートステイを中心に休業や利用者の自粛があり、総合事業サービス(要支援1と2の人が対象)は実態すら把握されない状況が続きました。
 全国各地であいつぐ「クラスター」に、介護現場の疲弊も心配になります。
 しかし、今年4月にスタートする第8期(2021~2023年度)の介護報酬・基準を見直す審議は進み、1月中にサービス単価の公表などが行われる予定です。
 また、昨年6月には介護保険法の改正案(地域共生社会の実現のための社会福祉法等の一部を改正する法律案)が成立し、10月には厚生労働省令が改正され、「総合事業の弾力化」が行われました。
 そして、今年度中に補足給付(省令改正)と高額介護サービス費(政令改正)の見直しが行われる予定です。
 制度がはじまって20年が過ぎましたが、複雑な見直しが繰り返され、多くの人たちに理解できない事態になっています。
 しかし、サービスが使えない、負担が増えるという結果だけは、利用者や介護者に届くという残念な状況にあります。
 市民福祉情報オフィス・ハスカップでは2月9日の国会集会で、「介護保険の20年」と「2021年の介護保険」について、情報を共有し、課題を整理したいと思います。
 多くのみなさんのご参加をお待ちしています!
(市民福祉情報オフィス・ハスカップ主宰・小竹雅子)