介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

映画紹介

子どもや女性、障害者、高齢者などをテーマに、「福祉的こころ」を考えさせてくれる映画を紹介しています。分野がちがうのではないか、という作品もありますが、ハスカップのおすすめ作品です

CF030 『トランスアメリカ』 Transamerica
越えなければならないもの個人的には「女らしさ」に抵抗してきたが、自分が女性であることに疑問を持ったことはない。これを「性同一性」と呼ぶのだそうだ。しかし、性同一性障害(トランスセクシャル)の人は、自分の生物学的性別に違和感があり、「心と身体の性が一致しない状態」に公私ともに苦しむという。ブリ―(フェリシティ・ハフマン)は性同一性障害の男性で、女性になる手術を目前に心はずませていた。ところが、かつて...
CF029 『カッコーの巣の上で』 One flew over the cuckoo's nest
「支援」と「支配」のあいだ精神病院が舞台の『カッコーの巣の上で』は、「管理社会の恐怖」を描いた傑作として知られ、原作となった同名小説は当時、ヒッピー・コミューンのリーダーとして知られたケン・キージーのミリオンセラー。1963年のある日、刑務所の強制労働を逃れるため、精神疾患を装ったランドル・P・マクマーフィー(ジャック・ニコルソン)がオレゴン州立精神病院に移送されて来た。医師たちは彼を観察するため...
CF028 『サン・ジャックへの道』 SAINT-JACQUES... LA MECQUE
「違い」を認めあう1,500キロ『サン・ジャックへの道』は、『赤ちゃんに乾杯!』で知られるフランスのフェミニスト監督、コリーヌ・セローの久しぶりのヒット作。サン・ジャックとはサンチアゴのフランス語読みで、スペイン北部・ガリシア地方にあるキリスト教三大聖地のひとつ、サンチアゴ・デ・コンポステラのこと。キリストの12使徒のひとりである聖ヤコブの遺骸が安置されているという大聖堂をめざし、世界中のキリスト...
CF027 『ノエル』 NOEL
クリスマス・イブの愛と孤独舞台はクリスマス・イブのニューヨーク。児童書のベテラン編集者として働くローズ(スーザン・サランドン)はケーキやプレゼントを抱え、認知症の母親が入院する病院に急ぐ。若いニーナ(ペネロペ・クルス)は警察官のマイク(ポール・ウォーカー)とまもなく結婚する予定だが、彼の嫉妬深さにうんざりしている。ローズは職場と病院、自宅の三点往復の毎日に疲れていた。「イブの夜よ」と同僚にけしかけ...
CF026 『やさしい嘘』 Depuis qu`Otar est parti...
結晶する知性舞台は北にロシア、南にトルコ、アルメニア、アゼルバイジャンと隣接するグルジア。ワインがおいしく、長寿で有名だが、最近ではカスピ海ヨーグルトだろうか。 首都・トビリシに暮らすエカ(エステール・ゴランタン)は、娘のマリーナ(ニノ・ホマスリゼ)、孫のアダ(ディナーラ・ドルカーロワ)と女系3世代でつましく暮らしている。 エカの楽しみは、フランスの建設現場に出稼ぎに行った息子・オタールからの手紙...
< 前の5件  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14