介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

映画紹介

子どもや女性、障害者、高齢者などをテーマに、「福祉的こころ」を考えさせてくれる映画を紹介しています。分野がちがうのではないか、という作品もありますが、ハスカップのおすすめ作品です

CF035 『クレアモントホテル』 MRS PALFREY at The Claremont
「残りの人生」の心意気サラ・パルフリー夫人(ジョーン・プロウライト)は、最愛の夫に先立たれ、娘との同居にも嫌気がさし、新聞広告でみつけたロンドンの長期滞在型ホテルにやって来た。ホテルは期待はずれの安普請。気を取り直し、ドレスアップして食堂に行くと、古参のアーバスノット夫人(アンナ・マッセイ)に「ここではみんな普段着なの」と言われてしまう。シングルルームの長期逗留者は、年金暮らしの高齢者ばかり。オズ...
CF034 『コクーン』 COCOON
不老不死になると...フロリダの海辺にある高級老人ホームに暮らすアート(ドン・アメチー)、ベン(ウィルフォード・ブリムリー)、ジョー(ヒューム・クローニン)の3人は、隣接する無人の屋敷に侵入し、プールでくつろぐのが日課。ある日、プールに巨大なコクーン(まゆ)がいくつも沈められていた。かまわず泳いだ3人は、元気が出てきた!ジョーはアルマ(ジェシカ・タンディ)と、アートはメリー(モーリン・スティプルト...
CF033 『レインマン』 Rain Man
「理解」と「ともに」のあいだロス・アンゼルスで高級中古車ディーラーとして飛びまわるチャーリー・バビット(トム・クルーズ)は、厳格な父親に反発して家を飛び出した26歳。要領よく世渡りをしてきたが、父親の急逝を知り、恋人のスザンナ(ヴァレリア・ゴリノ)とアイオワ州シンシナティに向かった。絶縁状態だった父親の葬儀に涙はなかったが、弁護士から相続できるのは中古のブランド車・ビュイックのみで、300万ドルを...
CF032 『終着駅 トルストイ最後の旅』 The Last Station
夫婦の愛憎は枯れない世界中で読まれるトルストイ作品は、「主な登場人物」の名前の長さと愛称に混乱して、挫折を繰り返した。作家本人もレフ・ニコラーエヴィチ・トルストイが本名で、愛称はリョーヴォチカ。トルストイ夫人はソフィア・アンドレーエヴナで、愛称はソーニャ。だから、もっぱら映画が頼り。『戦争と平和』(オードリー・ヘプバーン主演アメリカ版とリュドミラ・サヴェーリエワ主演ロシア版)も『アンナ・カレーニナ...
CF031 『春との旅』
「見果てぬ夢」がたどりつくのは...津田忠男(仲代達矢)は白いあごひげに長いコートをまとい、不自由な足を引きずりながらずんずん歩く。小柄な春(徳永えり)は荷物をぶらさげ、ガニ股で必死に祖父を追いかける。忠男はニシン漁で一攫千金を狙い、半世紀以上前に宮城県から北海道増毛町に入植した「やん衆」(ソーラン節に歌われる出稼ぎ漁師)。北海道のニシンは江戸時代から肥料として北前船で取り引きされた。だが、195...
< 前の5件  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13