介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

行政情報ファイル  > 施設サービス

介護保険制度以外の社会保障関係の法律、国政資料などを、27ジャンルに分けて、キーワードごとに紹介しています。知りたい情報は、サイト内情報検索でも探すことができます

介護保険施設の状況(2012.12.13公表)
厚生労働省大臣官房統計情報部2011年介護サービス施設・事業所調査結果の概況(2012.12.13公表)3.介護保険施設の状況 1施設当たり利用率  特別養護老人ホーム 98.4%  老人保健施設 92.2%  介護療養病床 93.9% 定員別室数の構成割合  個室   特別養護老人ホーム 64.8%   老人保健施設 42.3%   介護療養病床 20.1%  4人室   特別養護老人ホーム 2...
介護施設の緊急整備(2010.05.02)
○厚生労働省老健局高齢者支援課政策レポート「介護基盤の緊急整備」 「全国において第4期計画で既に計画されている特別養護老人ホーム、老人保健施設、 認知症高齢者グループホーム等の整備量の合計が約12万人分であるところ、 2011(平成23)年度までの第4期計画期間中に、さらに1年分、約4万人分の上乗せを行い、 3年間で合計16万人分を目標として整備を推進することとしています。」   ○東京...
特養の「医療的ケア」(2010.03.25)
厚生労働省第3回特別養護老人ホームにおける看護職員と介護職員の連携によるケアの在り方に関する検討会(2010.03.25)議事録 [関連記事] □介護職員の医療行為、特養以外にも拡大へ 長妻厚労相が法改正検討(2010.05.17キャリアブレイン)   □特養の介護職、痰の吸引は7割賛成も点滴は9割反対(2010.05.17ケアマネジメントオンライン) □介護のたん吸引、法律で容認 厚労...
特養個室面積基準緩和についての大臣記者会見(2010.04.16)
厚生労働省広報室長妻大臣閣議後記者会見概要(2010.04.16) 長妻大臣:  特養のユニット型、いわゆる個室型なのですが、 それを我々としては2014(平成26)年度で全入所者の70%をユニット型、 つまり個室にしようと、そういう目標を掲げております。(中略) このユニット型を基本としたいわけですが、 広さを相部屋一人当たりのスペースとほぼ同じスペースにさせていただこうということで、 自己負担...
部屋は狭くなるけど、個室ユニット化は継続(2010.04.16公表)
厚生労働省老健局高齢者支援課『介護保険最新情報』vol.147「特別養護老人ホーム等介護施設の個室ユニット化推進のための大臣方針の発表について」(2010.04.16公表) ①ユニット型施設の1人当たり居室面積基準引き下げ   現行13.2㎡ → 新基準10.65㎡(多床室と同水準) ②個室ユニット化の方針を堅持   平成26年度に個室ユニット型施設割合を70%以上(介護保険施設全体で50%以上)...