介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

BF149 『ヤングケアラー わたしの語り』
BF149 『ヤングケアラー わたしの語り 子どもや若者が経験した家族のケア・介護』2021年5月、厚生労働省と文部科学省は「ヤングケアラーの支援に向けた福祉・介護・医療・教育の連携プロジェクトチーム」の報告書で、子どもの「介護力」を当てにすることなく、市区町村や「関係団体」に「居宅サービス等」の利用などに配慮するよう「周知を行う」とした。この報告書は一読では「小さな介護者」に配慮しているようだが...
BF148 『非正規介護職員 ヨボヨボ日記』
BF148 『非正規介護職員 ヨボヨボ日記』2016年、安倍政権が「生涯現役社会の実現」を掲げたとき、高齢者は死ぬまで働かなければならないのかと、いささかむっとした。だが、政策以前に、少ない年金では暮らせないので、働き続けている高齢者がたくさんいることを多くの人に教えられた。本書は『交通誘導員 ヨレヨレ日記』を皮切りに「生涯現役社会」を地で行く高齢労働者の日記シリーズ第5弾。帯には「介護職は最後の...
BF147 『女性たちの保守運動』
BF147 『女性たちの保守運動 右傾化する日本社会のジェンダー』高価な本だが、「草の根保守運動」に参加する女性がテーマということで、気になったので読んでみた。というのも、障害児の就学問題から市民活動に関わってきた者としては、介護の問題も含めて「暮らしを守れ」という主張は、そもそも「保守」的な活動ではないかと思うところがあるからだ。これは『ポピュリズムとは何か ― 民主主義の敵か、改革の希望か』(...
BF146 『日本型組織の病を考える』
『日本型組織の病を考える』著者が2009年、厚生労働省の局長として逮捕された時は、驚いた。「郵政不正事件」と呼ばれたが、障害者団体の会報などの発送に利用される「低料第三種郵便物制度」が、厚生労働省の証明書発行により、ニセの団体に悪用されていたという事件だ。著者の逮捕理由は、国会議員に依頼され、ニセの証明書を作らせたというものだったが、まったくに身に覚えがなかったという。「そんな情けない罪を認めるぐ...
市民福祉情報No.1125☆2021.09.13
市民福祉情報No.1125☆2022.09.13 http://haskap.net ━━━━━━━━☆☆朝日新聞に首相退陣について、コメントしました。記事の後半は登録者向けになります。□[退陣する菅首相へ、命と暮らしの現場より] まず「自助」発言で関心失った1年 介護現場から政治家に望むこと(2021.09.07朝日新聞)【高齢者】 ..................................
< 前の5件  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10