介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

市民福祉情報No.998☆2019.02.18
市民福祉情報No.998☆2019.02.18  http://haskap.net ━━━━━━━━☆【介護報酬】 ....................................☆2019年度改定.......................................○厚生労働省老健局社会保障審議会介護給付費分科会(田中滋・分科会長)第168回(2019.02.13)資...
BF インデックス
BF121 『ミレニアムと私』(エヴァ・ガブリエルソン、マリー=フランソワーズ・コロンバニ著/岩澤雅利訳/早川書房/1600円+税)BF120 『できそこないの男たち』(福岡伸一著/光文社新書/円+税)BF119 『沈黙法廷』(佐々木譲著/新潮社/2100円+税)BF118 『絶望老人』(新郷由起著/宝島社/1300円+税)BF117 『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(伊藤亜紗著/光文社...
BF121 『ミレニアムと私』
『ミレニアムと私』スウェーデン発の『ミレニアム』3部作は、著者のスティーグ・ラーソンが第1部の出版前に急逝したというのも驚きだった。第1部『ドラゴン・タトゥーの女』はスウェーデンとアメリカで映画化されたが、ニールス・アルデン・オプレヴ監督のスウェーデン版を観て、ノオミ・ラパスが演じるリスベット・サランデルが勇ましく、原作を読んだ。ミステリとして大いに楽しめたが、福祉国家として名高いスウェーデンにお...
BF120 『できそこないの男たち』
『できそこないの男たち』分子生物学の分野では、すべての生物はメスとして発生するのは、常識なのだという。イブはアダムの肋骨から造られたのではなく、アダムがイブから造られた。ボーヴォワールの「人は女に生まれるのでない、女になるのだ」も、「人は男に生まれるのでない、男になるのだ」が正しい。本書では、専門性が高い「生命の不思議」を科学史とともに、わかりやすく説明してくれる。「Y染色体から見ても、日本人は全...
BF119 『沈黙法廷』
『沈黙法廷』最初に登場するのは、点検商法の若者だ。セールストークをつぶやきながら、リストアップされたターゲット宅にあがりこんだら、死体があった...。高齢者詐欺の典型例からスタートする連続不審死事件のミステリ。亡くなったのは、高齢の独身男性ばかり。鍵を握るのは、死亡者宅に出入りしていたハウスキーパーの女性。彼女は20歳で結婚したが、子どもは幼くして事故死。夫婦仲が悪くなり、ほどなく離婚。家事代行サ...
< 前の5件  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11