介護保険制度を中心とする行政情報、各地の市民活動団体の活動などを紹介しながら、みなさんとともに「市民福祉」を考えていくサイトです。

市民福祉情報No.1018☆2019.07.14
市民福祉情報No.1018☆2019.07.14  http://haskap.net ━━━━━━━━☆☆「Web医療と介護」に「データで読み解く介護保険」#02「『寿命』と『予防』の関係」(2019.07.05掲載)を書きました。グラフデータをたくさん入れましたので、ぜひ、ご覧ください。【介護保険制度】 ..............................☆「地域包括ケアシス...
BF124 『黄落』
BF124 『黄落』65歳の息子が妻とともに、92歳の父と87歳の母を介護する。いわゆる「呼び寄せ介護」で、両親は歩いて10分ほどの家に暮らしている。介護といっても週3日、妻が食事の用意に通い、息子はサブな立場。だが、息子は会社勤めではなく、文筆業でほぼ在宅だ。両親の介護をめぐる夫婦の確執は深まる。妻のためにと思った離婚の申し出は、逆効果で、彼女の不信を買うだけだった。やがて母は認知症が進み、父に...
BF123 『トップリーグ』
BF123 『トップリーグ』著者の東北地方を舞台にした「みちのく麺食い記者」シリーズは楽しい。社会派の『震える牛』や『不発弾』、『血の雫』なども興味深かった。だが、経済にうとい身としては、『デフォルト 債務不履行』はありがたい作品だった。そして、本作は政治、それも首相官邸がテーマだ。大手新聞記者が経済部から政治部に異動し、官邸記者クラブという独特の世界を紹介してくれる。いつも朝刊の二面に掲載される...
BF122 『九十八歳になった私』
BF122 『九十八歳になった私』2019年1月29日に亡くなった橋本治のことは、「女子大生」をしていた1978年、デビュー作『桃尻娘』(1978年)で知った。「団塊の世代」のオトコは「女子大生」をこんなふうに想像しているのか、と思った記憶がある。そして、40年がたち、68歳の著者はみずからの30年後を想像して、近未来空想科学私小説を残した。作品では、98歳の作家・橋本治は、東日本大震災の後、東京...
市民福祉情報No.1017☆2019.07.07
市民福祉情報No.1017☆2019.07.07  http://haskap.net ━━━━━━━━☆☆6月4日に開催した国会集会の記事が掲載されました。□介護保険どうなる? 市民団体のQ&A集会で厚労省・財務省が直接回答(2019.07.05福祉新聞)【介護保険制度】 ..............................☆利用者負担........................
< 前の5件  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11